ジージャンと同行二人お四国さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第37番札所     藤井山 岩本寺

1月10日

aIMGP5937.jpg

立派な仁王像が安置された仁王門です。

36番札所の青龍寺から1時間30分位かかります。
歩きだと17時間位かかるそうです。
さすがに修行の地だと言われているだけありますね。

境内に入ると、左手にすぐ
aIMGP5938.jpg

手水舎があります。

奥右手に見えるのが
aIMGP5942.jpg

本堂です。
昭和53年に完成した本堂はまだ新しいです。
私たちは見られませんでしたが、本堂の天井には575枚の天井画があります。
そこには仏さま・花・面白いところではマリリン・モンローもあり、いろんな手法で描かれているそうです。

この本堂には、五体のご本尊が祀られています。
そして、弘法大師の七不思議の伝説があります。
子安桜・三度栗・口なし蛭・桜貝・筆草・尻なし貝・戸たてずの庄屋の七つです。
それぞれが弘法大師に関わる不思議なお話です。

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は、
【一ノ宮/不動明王】 のうまく さんまんだ ばざら だんせんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
【二ノ宮/聖観世音菩薩】 おん あろりきゃ そわか
【中ノ宮/阿弥陀如来】 あん あみりた ていせい から うん
【四ノ宮/薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
【森ノ宮/地蔵菩薩】 おん かかかび さんまえい そわか

そして
aIMGP5940.jpg

左向こうに見える大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

その後、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5982.jpg

参拝の完了です。


少し境内の様子をご覧ください。

aIMGP5939.jpg

歴史の古さが窺える鐘楼とお大師さまのお像です。


aIMGP5945.jpg

聖天堂です。
歓喜天が祀られています。


aIMGP5944.jpg

15時少し過ぎに参拝が完了しました。
次の38番札所の金剛福寺まで2時間半位かかるということで、17時までには間に合いそうにないのでここで終わることにしました。


スポンサーサイト

  1. 37番札所
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

別格第5番札所     大善寺      (だいぜんじ)

1月10日

aIMGP5936.jpg

山門を探してもありませんでした。
これは参拝後石燈の前で、いろいろな感謝の思いで深々と頭を下げているところです。

車を降りると
aIMGP5905.jpg

大きな石があり
aIMGP5904.jpg

このような説明看板がありました。
横着ですがこの説明板をもって、『二つ石大師』の説明に代えさせていただきます。

駐車場から見上げます
aIMGP5906.jpg

上に向かうことはわかるのですが・・
とりあえず階段を見付け
aIMGP5910.jpg

「山門は何処?」と急いでいます。

軽快に
aIMGP5911.jpg

トントントンと、階段を上がります。

山門らしきものがないままに
aIMGP5915.jpg

結構上まで上がって来ました。

あら?
aIMGP5914.jpg

お大師さまをお見掛けし、親しげにご挨拶を始めました。

そして
aIMGP5917.jpg

私は、ついここを素通りしたのですが・・
夫はちゃんと写真に収めていました。

山門でのご挨拶をしないまま、境内に到着してしまいました
aIMGP5920.jpg

お大師さまにご挨拶を済ませましたので、まぁいいかと、手前に見える手水舎で清めました。

本堂の写真はありませんが、小さな古い本堂でした。
「マムシや虫が入るので、網戸を締めて下さい」と注意書きがあります。

本堂の中に入れそうでしたが、鍵がかかっていました。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【弘法大師】   南無大師遍照金剛    (三回唱えます)

そして道路に面した所にある大師堂へ行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。
aIMGP5909.jpg

大師堂です

その後道路に出て、モノレール乗り場近くの納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5990.jpg

参拝の完了です。

もう少しその様子をご覧ください。

階段の途中でご挨拶をしたお大師さまです
aIMGP5932.jpg

太平洋を見渡せる所で、凛々しいお姿のお大師さまは海上の安全を守ってくださっているようです。

そして、本堂のある境内でも
aIMGP5919.jpg

やはり、海上の安全を祈念なさっているお姿でした。

見て頂いたように、このお寺は急な階段が長く、少し危険な所もありました。
そこで
aIMGP5922.jpg

こんな優しいご配慮があるのですよ、「モノレール」です。
ちょうど動き始めるところでした。

帰る間際に夫から、「ねぇ、来て~」と呼ばれました。
行ってみると、「ねぇ、この人お父さんに似ていない?そっくりだけど・・」と言います。
私が素通りした「ぼけ封じ観音菩薩」のお傍でひざまずく男性を指しながら言っています。
aIMGP5927.jpg

私は見るなり興奮して「そっくり!そっくり!」と連発しました。
興奮冷めやらぬ私は、そこを中々離れられません。

見渡す景色も素晴らしく
aIMGP5916.jpg

私にとって、忘れえぬお寺になりました。



  1. 別格第5番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

第36番札所     独鈷山 青龍寺       (とっこうざん しょうりゅうじ)

1月10日

aIMGP5876.jpg

まさに古刹の仁王門という感じがします。
敬々しくご挨拶をしました。

駐車場から直ぐの所に階段があります
aIMGP5875.jpg

仁王門までの階段を、こんなに上がって行った記憶が薄れています。

何故なら、その仁王門をくぐると
aIMGP5879.jpg

これですもの・・・
aIMGP5881.jpg

やっと階段を上がり始めましたが、その長い(170段)こと急なこと!

その途中に
aIMGP5884.jpg

地蔵菩薩像・滝の行場

aIMGP5897.jpg

不動明王

aIMGP5892.jpg

手水舎、階段の途中です。
沢山のお地蔵さまでとっても賑やかです。

そして、やっと
aIMGP5886.jpg

本堂に到着です。
手前にいらっしゃるご高齢の女性も、一段一段上がっておいででした、すごいです!
ひ孫と思しき男の子が、階段の一番上に腰掛けて私に元気よく「こんにちは!」と言ってくれて清々しかったです。

弘法大師が唐の青龍寺で密教を学んだ後、師に対する感謝の気持ちを込めて、日本にも寺院を建立しようと思われました。
そこで、護身・供養の法具である独鈷杵(とっこしょ)を、霊地に留まれとお投げになります。
やがて帰国した大師はこの地を巡錫した時に、山上の松に引っかかっていた独鈷杵をみつけ、中国の青龍寺を模した寺を建立なさいました。

大師は唐に渡る時に暴風雨に遭いました。
その時に大師が一心に祈念すると、不動明王が現れ嵐を鎮めます。
このことから、大師は自ら刻んだ不動明王を青龍寺に安置なさいました。
ご本尊は、波切不動明王とよばれ、多くの信仰を集めています。

aIMGP5889.jpg

本堂前の浪切不動明王の立像です。
歴史を感じますが、昭和16年に寄進されたお像です。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【波切不動明王】  のうまく さんまんだ ばからだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん (三回唱えます)

その後、大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

そして、少し離れた納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5980.jpg

参拝の完了です。

少し境内のご紹介をしますね。

aIMGP5891.jpg

『百度石』
ここでどのくらいの方がお百度参りをなさったのでしょうね。
私の母方の祖母は、母が父と結婚して間もない頃難病に罹り、「もう歩けません」と医師に宣告されました。
それを知った祖母は、幾日も幾日もお百度参りをしたそうです。
そして、母は短期間のうちに奇跡的に歩けるようになりました。

ふとそんなことを思い出しました。


高さ20mの多宝塔です。
aIMGP5877.jpg

実際に見ましても綺麗な朱色の多宝塔でした。

aIMGP5895.jpg

帰りに下りている階段です。
山門の右横に見えるのが多宝塔です。



  1. 36番札所
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

第35番札所     醫王山 清瀧寺      (いおうざん きよたきじ)

1月10日

aIMGP5841.jpg

古くてひっそりした感のある仁王門ですが、秘密があります。

これです
aIMGP5843.jpg

仁王門の天井に龍の絵が描いてあります。
明治33年に描かれたこの龍は、「「八方にらみの龍」と言って、何処に立って見ても龍の目と合います。

この山門は歩きお遍路さんには馴染みがありますが、車で行くと駐車場から階段をかなり下って行きます。
その駐車場に車で行くときも、かなり狭い道が九十九折になっており、私は非常に怖かったです。
ずっと「南無大師遍照金剛」と唱えていました(笑)

その山門をくぐり
aIMGP5844.jpg

山門に向かうために下りた階段を上がって行きます。

最後の方は
aIMGP5845.jpg

疲れて手すりを掴んでいますね、自分では気付きませんでした(笑)

そして
aIMGP5846.jpg

境内の中の駐車場に着きました。

その境内で目につきましたのが
aIMGP5856.jpg

高さ15Mの薬師如来のお像です。
あら?
aIMGP5857.jpg

お像の下に真っ暗な入口が見えます。

ここは、台座の中で88段の戒壇巡りができ、そこを巡ると厄除けにご利益があると言われています。
真っ暗な中を、薬師如来のご真言「おん ころころ せんだりまとうぎ そわか」と唱えながら巡ります。
私達も参拝の前に巡ってみました、ほんとに全く光の差さない暗闇です。
手を繋いで巡りましたが、恐怖感が襲って来て、とても一人では歩けませんよ。

そして
aIMGP5847.jpg

薬師如来像の横の階段を上がると、すぐに本堂があります。

行基が薬師如来像を刻み、本尊として「影山密院・繹木寺」と名づけ開山したのが初めと伝えられています。
その後、弘法大師が巡錫し、五穀豊穣を祈願して閼伽井権現と龍王権現に17日の修法をなさいました。
そして満願の日に金剛杖で壇を突くと、清水が湧き出て鏡のような池になり、そこで山号や院号、寺名を現在のように改めたと伝えられています。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【厄除薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか  (三回唱えます)

その後、大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。


そして、少し離れた納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5979.jpg

参拝の完了です。


少し境内をご紹介しますね。

本堂の横に、岩清水の滝があります
aIMGP5854.jpg

手水舎に繋がっています。
aIMGP5848.jpg

右下の手ぬぐいがある所が手水舎です。

境内は広くて賑やかです
aIMGP5850.jpg

そして
aIMGP5874.jpg

広々としていますでしょう~

納経所のある所からは
aIMGP5859.jpg

もう一枚
aIMGP5862.jpg

吸い込まれるような美しさでした。
多くのビニールハウスが見えますでしょう~
「土佐和紙」「手すき障子紙」で知られる高知県の紙どころです。
「みつまた」をさらし、和紙を漉く水の源泉として有名な所でもあります。



  1. 35番札所
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

第34番札所   本尾山 種間寺     (もとおざん たねまじ)

1月10日

aIMGP5825.jpg

山号と寺名が刻まれた石柱の門だと思ってご挨拶をしました・・
ただ、その門を通って右手にお店があるのです・・??

そして左前方に
aIMGP5828.jpg

aIMGP5826.jpg

ここが門なのでしょうか??
ごめんなさい、よくわかりませんでした。

そして、その門を進んで行きます
aIMGP5832.jpg

あら?
本堂を無視して何処へ?
手水場を探しているのです。

ありました
aIMGP5836.jpg

そして、手水舎の横に町内最古の手水鉢がありました。
とっても小さいのですよ。

本堂に戻ります
aIMGP5835.jpg

コンクリートで出来た新しい本堂です。

百済から四天王寺(大阪)に来日した仏師が帰国することになって、船が土佐湾沖まで来た時に暴風雨に襲われます。
その船は本尾山近くの秋山の港に流れ着き、仏師たちは薬師如来を刻んで海上安全を祈願し本尾山に祀りました。
その後この地に巡錫した弘法大師がその薬師如来を寺に安置なさいました。
大師が唐から持ち帰った五穀の種を蒔いたことから、その寺名を「種間寺」にしたと言われています。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか  (三回唱えます)

その後、大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

そして、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5978.jpg

参拝の完了です。


境内は広々としていました。
その境内の様子をご紹介しますね。

aIMGP5834.jpg

『子育て観音』です。

観音さまの周囲をグルっと囲んでいるものが見えますね。
これは「底の抜けた柄杓」です。
安産の薬師如来として有名なお寺で、妊婦は柄杓を持って寺に詣でます。
お寺ではその柄杓の底を抜き、3日間祈願をして柄杓を返します。

妊婦はそれを床の間に飾り、出産後その柄杓はお寺に納めるのです。
なぜ底がないかと言いますと、「通りがよくなる」と言うことで安産に通じるからだそうです。

種間寺は、周囲にビニールハウスが点在するのどかな田園地帯にありました。

最後に
aIMGP5829.jpg


凛々しいお姿の修行大師像にご挨拶をして、種間寺を後にしました。




  1. 34番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2016 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。