ジージャンと同行二人お四国さん 10番札所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第10番札所  得度山切幡寺

山門の写真はありません。
夫が撮り忘れたのではなく、私たちが通っていないのです。
帰って来て、「あれ? 切幡寺の山門ってあった?」と思い、調べましたら。
車で行きましたので、お寺の随分前にあったその山門の横を気づかないで通ったようです。

切幡寺の駐車場に着いて直ぐに気付いたのが
aIMGP2481.jpg

「すだち」だぁ!
aaIMGP2479.jpg

と駆け寄りますが・・
aIMGP2482.jpg

お礼の納め札が一枚入っていました。

「あ~ぁ」と直ぐに
aIMGP2480.jpg

踵を返します。

その先に
aIMGP2484.jpg

長い上り坂です。

階段の方には
aaIMGP2487.jpg

私は階段を避け坂を登ります。

夫は私が登っている時に
aaIMGP2500.jpg

これを読んで知識を得ていたと云います。

そして
aIMGP2491.jpg

途中、こんな厄除け坂が有ります。
女の厄除けは33段。男の厄除けは42段。
年の数だけ賽銭を置けば厄除け祈願ができるらしいです。
階段の端っこに一円玉が沢山置いてありました。

そして私は
aIMGP2490.jpg

最後の力を振り絞って上がります。

上がった右手に手水場があり、金剛杖立てがあります。
私たちがそこに金剛杖を入れた時、一人の男性から声をかけられました。
「どちらからおいでですか?」
「鳥取です」と言いましたら、「あ~~~!!鳥取の方ですか!」「それなら是非見て頂きたい所があります!」

それは、「昭和11年に鳥取の赤碕の方が『来待石の石灯籠』を贈られて、今も『乙女の即身成仏』のお傍にあります」
というお話で、その石灯籠を是非見て帰ってほしということでした。
aaIMGP2492.jpg

そして、その方は多くのお遍路さんがいらしたにも関わらず、私たちに寄り添ってくださり沢山のアドバイスをして下さいました。
良いお声でお手本のようなお経も唱えられ、お別れしたその後姿に思わず深々と頭を下げました。

本堂のお話です。
愛する亡き父母のために得度したいという乙女に感激なさった弘法大師は、千手観音像を彫造し乙女を得度させたところ、乙女は直ぐに即身成仏し千手観音菩薩に変身したそうです。
その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【千手観音菩薩】 おん ばざら たらま きりく(三回唱えます)

その後、大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

納経所で御朱印と御影を頂きます。
IMGP3335.jpg

参拝の完了です。

夫はその後、お不動さまに参拝に行きました。
そこから見た景色が最高だったそうです。
aIMGP2493.jpg


スポンサーサイト

  1. 10番札所
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。