ジージャンと同行二人お四国さん 別格3番札所

別格第3番札所  慈眼寺

aaIMGP4486.jpg

左奥の建物が本堂です。

ここに至るまでをご紹介します。

私たちが別格札所を廻るようになったきっかけは、極楽寺でご縁のあった方からの教えでした。
そして、この3番札所の『穴禅定』の修行の体験を勧められました。
私たちはそのことを思い出し、慈眼寺に電話で問い合わせたところ、午後3時で受付を終了しますとのこと。
電話をしたのは2時を回っていましたので、少し急ぎました。

着いた私は、息子のジージャンと白衣だけを着て走ります
aIMGP4463.jpg

山門もなくキョロキョロしましたが、急ぐので門らしき所を通過しました
aIMGP4468.jpg

そして、「ジージャンも脱いで、この白衣に着替えて」と指導され
aIMGP4469.jpg

なにも知らない私は、言われた通りの道を急ぎます

観音さまの下の門をくぐります
aIMGP4473.jpg

すると
aIMGP4477.jpg

え?本堂は上? 門らしき所の入口の建物は大師堂でした

急坂が続きます
aIMGP4475.jpg

私の息は上がって、夫より遥か下の方を歩いています。


そして、上がった先がトップ画像にある本堂です。

私たちが着いた所に、一足先にご体験をなさった方々がおられ、男性も女性も放心状態のようなご様子です。
そして「かなり厳しいですよ。導師の仰る通りにしてください。でないと出られなくなります。」・・・
私は恐ろしくなり、辞退したいと夫に言ったのですが、折角だからやってみようと半ば強制的に体験をすることになりました。
こんな切り立った岩をよじ登っていくのです。
aIMGP4485.jpg

ascan072.jpg
(慈眼寺のチラシから借用しました)

こんな風に登って行くのです。
極度の高所恐怖症の私は、この時点で真っ青になりました。

そして導師の方が、それぞれにロウソクを渡されます。
この灯りだけを頼りに、体を横向きにしたり、腹ばいになったり、しゃがんで通ったり、歩伏前進をしたりしながら往復100M位の洞窟(鍾乳洞)を進んで行きます。

何度かヒヤッとしましたが、導師が突然立ち止まりました。
そしてロウソクを棒につけ、天井高く照らされたのです。
そこには4体の菩薩像と背を向けた不動明王がおられました。
拝んだ後、前進し、ほどなく再び天井を照らされました。
牙をむき、爪をこちらに向けた龍がいるのです。
この洞窟は、お大師さまが、この悪い龍を閉じ込めた場所だったのです。
その時に使った法螺貝も傍らに置いてありました。

そして、ようやく辿り着いたゴールでは、弘法大師が屏風を背に座っておられたのです。
これらは全て何億年もかけて自然に出来たものだということです。

ascan073.jpg
導師の方を先頭に。   (慈眼寺のチラシから借用しました)

修行者全員が入り口まで辿り着いたのは16時ちょうど(50分掛かりました)でした。
全員疲労困憊し、焦点の合っていない眼で、急崖を見下ろしていました。
しかし程なく、外界の明かりによって、心からホッと胸をなでおろすように、心地よい達成感が沸き起こりました。
登る時に、下りる時の恐怖を危惧した私でしたが、その高さへの恐怖が全く無くなっていることに驚きました。

帰って、膝から下を見てびっくりしました。
至るところに青あざができて、脛には瘤ができ血だらけでした。


6人全員まだ放心状態のまま
aIMGP4504.jpg

山を下って行きました。

その後、大師堂で灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、ご本尊真言【十一面観世音菩薩】 「おん まか きゃろにきゃ そわか」は唱えないで、お経を上げます。

そして納経所で御朱印とお御影を頂きます。
IMGP5198.jpg

参拝の完了です。


aIMGP4511.jpg

山深いお寺で体験した『穴禅定』、多分一生忘れないと思います。




  1. 別格3番札所
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.