ジージャンと同行二人お四国さん 20番札所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第20番札所   霊鷲山鶴林寺   (りょうじゅざん かくりんじ)

aIMGP4741.jpg

威風堂々という言葉がピッタリの仁王門です。
仁王像は運慶作と言われています。

ここに着くまでをご紹介しますね。
鶴林寺は昔、「一に焼山、二にお鶴、三に太龍寺」と言われている阿波の難所の一つでした。
今では、寺の近くまで車道がありますが、その車道も鬱蒼とした木々に覆われ狭い道の九十九折が続きます
aIMGP4725.jpg

道標に従って行きます。

aIMGP4726.jpg

木々の間から、朝の木漏れ日が差しています。

歩きお遍路さんのへんろみちです
aIMGP4730.jpg

つい、敬意を表して頭を下げます。

駐車場の空気も張り詰めています
aIMGP4735.jpg

身支度をして、いざ!

キーンと空気が張り詰めたような山門までの参道です
aIMGP4739.jpg

こうして山門に近付きます。

山門の仁王像の手前にそれぞれ
aIMGP4744.jpg

寺名にふさわしく鶴の像も安置されています。


山門をくぐると
aIMGP4745.jpg

右手に六角堂があります。
弘法大師作と言われている砂地蔵六体が安置されています。

参道を歩いて行くと、本堂までの長い石段が見えてきます
aIMGP4753.jpg

aIMGP4755.jpg

石段を登り切った所に本堂があります。

その本堂の手前の両脇に、一対の美しい白鶴像が立っています。
aIMGP4757.jpg

まるで本堂を守っているようです。

その本堂のお話です。
弘法大師がこの地で修行中に、つがいの鶴が金の地蔵像を守っている光景をご覧になります。
そして大師は霊木を刻んで地蔵菩薩をお作りになり、胎内にその金の地蔵像を納められました。
そして地蔵菩薩をご本尊として開基し、寺号を「鶴林寺」となさったそうです。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【地蔵菩薩】 おん かかかび さんまえい そわか  (三回唱えます)

その後大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。


そして納経所で御朱印とお御影を頂きます。
IMGP5199.jpg


参拝の完了です。


aIMGP4752.jpg

お不動さまと、スクっと立つ美しい三重塔です。
総檜造りの建造物です。

参拝を終え、山門近くで
aIMGP4759.jpg

杉の老樹の生命力を頂きます。


スポンサーサイト

  1. 20番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。