ジージャンと同行二人お四国さん 21番札所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第21番札所  舎心山太龍寺   (しゃしんざん たいりゅうじ) 舎心ヶ嶽の話

12月4日

aIMGP4878.jpg

南舎心ケ嶽
弘法大師は19歳の時に、この南舎心ケ嶽で「記憶力と洞察力」を身に付けるために100日間の修行をなさいました。
太龍寺が「西の高野山」と言われているのは、大師との深い縁によるものなのでしょうね。

この舎心ケ嶽を訪れるお遍路さんは少ないそうです。
私たちも前日次男から教えてもらって知り、是非行ってみたいと思いました。

本堂に登る階段の上り口の左手に、南舎心ケ嶽に向かう参道があります。
aIMGP4856.jpg

道の傍らに、1番から88番までのご本尊さまとその寺名が刻まれた石仏が安置されています。
私たちは、その石仏の寺名を声に出しながら歩きます。

随分経って急坂が見えてきました。

ここからは、お大師さまがお迎えに来られるのです。
aIMGP4859.jpg

私たちもここから、「南無大師遍照金剛」と唱えながら歩きました。

私は、遥か下をゆっくり歩きます。
aIMGP4860.jpg


そしてやっと、着きました。
aIMGP4879.jpg

aIMGP4862.jpg

崖の上にお大師さまの坐像が安置されています。
ふと見ると、そこに通じる鎖のロープがあります。
次男がお傍まで行ったと言っていましたので、これを伝って登れば行けるのだと分かりました。
夫は早速行く準備をしています、が、私の出番はありません・・

そこは切り立った崖の上です。
夫が行く姿を見るだけで、全身が総毛立ってしまいました。
夫はヒョイッと渡り、お大師さまのお傍に着きました。
aIMGP4869.jpg

合掌

aIMGP4875.jpg

合掌

aaIMGP4865_stitch.jpg

お大師さまの右手から見たパノラマ写真です。

aaIMGP4871.jpg

こちらは、お大師さまの目線で見た世界です。
これがお大師さまのお傍に立ち、夫も次男も感動したという「空」と「海」です。


私はといえば
aIMGP4873.jpg

夫の感動をよそに、大きな声で「あなた~~~~大丈夫???しっかり掴まっていてよ!!」と叫んでいます。

夫はゆっくりお大師さまの下に居て、ゆっくり下りて来ました。
その後、2人で般若心経を唱えます。

舎心ケ嶽での納経を済ませ、また納経所に行き、御朱印とお御影をいただきました。
IMGP5253.jpg

参拝の完了です。


ロープウェイに乗り込む時に、私たちが山門と思っていたのは鐘楼門で、もっと下の方に山門があることを知りました。
残念でしたが、諦めて帰ることにしました。


帰りのロープウェイから撮った、南舎心ケ嶽のお大師さまの坐像です。

aIMGP4892.jpg

合掌。


スポンサーサイト

  1. 21番札所
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

第21番札所  舎心山太龍寺   (しゃしんざん たいりゅうじ)

12月4日

aIMGP4848.jpg

実はこれは山門ではないのです。
鐘楼門です。

ここに至るまでの長いお話を書きますね。

太龍寺は阿波の難所の一つで、歩きお遍路さんは勿論、車で行くのも厳しい道程でした。
それを解消するために、平成4年に西日本一最長のロープウェイが開通しました。
今回私が巡礼を躊躇ったのは、このロープウェイに乗らなければいけないということも大きな理由の一つです。
お笑いになるかもしれませんが、極度の高所恐怖症というのは一種の病気なのです。

意を決して
aIMGP4764.jpg

夫が記念に撮りました。

aIMGP4793.jpg

「南無大師遍照金剛」と唱えながら、微動だにできません。

夫はそんな私をよそに、ロープウェイの中を右に左に動いて写真を撮ります。

aIMGP4781.jpg

那賀川を眼下に見下ろします。

aIMGP4790.jpg

対向ロープウェイとすれ違います。
剣山山系の山並みの美しいこと!

aIMGP4812.jpg

太龍寺を覆うように木々が茂っています。
私は目をつぶり、ガイドさんの説明だけ聞いていました。


約10分のロープウェイから降りて、直ぐに長い階段があります。
山門が見当たらないので
aIMGP4817.jpg

ここで一応ご挨拶をします。

そして
aIMGP4818.jpg

一歩一歩踏みしめながら
aIMGP4821.jpg

やっと本堂が見えてきました。

aIMGP4825.jpg

見事な本堂の佇まいです。

太龍寺は、弘法大師が自ら刻んだ虚空蔵菩薩をご本尊として開基されました。
その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【虚空蔵菩薩】  のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おん ありきゃまり ぼり そわか (三回唱えます)

aIMGP4832.jpg

この鬱蒼と茂った木々の間に、誠に風情のある大師堂が建っています。

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

その後納経所で御朱印とお御影を頂きます。
IMGP5230.jpg

参拝の完了です。


aIMGP4843.jpg

額の中に見えるのは、鶴林寺の三重塔です。


太龍寺で一番感動した話は、長くなりますので明日ご紹介いたします。



  1. 21番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。