ジージャンと同行二人お四国さん 28番札所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第28番札所    法界山 大日寺     (ほうかいざん だいにちじ)

12月5日

aIMGP5142.jpg

質素で素朴な山門です。

高知に入ってからこれまでが、余りにも厳しい道のりや豪壮な感じのお寺が多く、結構緊張感がありました。
しかしここ大日寺は、落ち着いた佇まいできらびやかさや強さを感じることなく、ホッと息をつけるような印象です。

山門をくぐると
aIMGP5144.jpg

やはり階段はありますが(笑)


階段を上がりきった所に本堂があります。
aIMGP5147.jpg

平成9年に再建された新しい本堂です。
本堂まで敷石が続き、それ以外は白い玉砂利が敷き詰めてあります。
清潔感があり、静寂な趣きのあるお寺です。

行基が大日如来の尊像を彫造し開基なさいました。
その後、弘法大師が四国を巡教され、楠の大木に爪で薬師如来像を彫られました。
行基作とされる高さ146cmの金剛界大日如来坐像は、寄せ木造りで四国では最大級だそうです。
また、大師が楠の立木に爪で彫られたという霊木は「爪彫り薬師」と呼ばれ、奥の院となっています。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【大日如来】  おん ばざらだとばん   (三回唱えます)

その後大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

そして、納経所に向かうのですが、なんと立派な納経所でした。
aIMGP5155.jpg

門もあります。

中へ入ると
aIMGP5156.jpg

入り口までの間は、手入れの行き届いた庭園になっています。

こちらで御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5527.jpg


参拝の完了です。


境内の雰囲気をご紹介しますね。

aIMGP5149.jpg

本堂の方から見た境内です。
なんとも素朴な感じでしょう~

aIMGP5151.jpg

四季折々を楽しめる木々は、奥ゆかしく控えめに整えられています。

aIMGP5150.jpg

本堂の左手には、沢山の石仏が並んでいます。

最後に、夫が大好きな
aIMGP5159.jpg

布袋さまにもご挨拶をして、29番札所に向けて出発しました。


スポンサーサイト

  1. 28番札所
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。