ジージャンと同行二人お四国さん 40番札所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第40番札所  平城山 観自在寺  (へいじょうざん かんじざいじ)

7月17日

aaaIMGP2546.jpg

古い仁王門ですが、その佇まいには風格があります。

ご挨拶のあと階段を上がります。

aaaIMGP2549.jpg

そして天井を見上げると

aaaIMGP2573.jpg

十二支盤があり、真ん中に亀の子がいます。
方位を見る亀だということです。

そして仁王門をくぐると、正面に立派な本堂が見えます。

aaaIMGP2565.jpg


本堂でお参りをする前に鐘楼の鐘をつきました。

aaaIMGP2550.jpg

帰りにつくことは、「かえり鐘」といって良くないそうです。


そして本堂に足を進めます。

aaaIMGP2562.jpg

この本堂は昭和39年に建てられた鉄筋コンクリートで、入母屋造りの立派な構えです。

弘法大師が大同2年に平城天皇の勅命を受けてこの地を訪れ、1本の霊木から本尊の薬師如来と脇侍の阿弥陀如来・十一面観音菩薩の三尊像を彫造して安置し、開創なさいました。
残った霊木に「南無阿弥陀仏」と名号を彫り、その宝印に庶民の病根を除く祈願をなさいました。
今でもその御宝印守をお受けください、との立て札が立っており、交通安全や病気平癒に霊験あらたかと言われています。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか (三回唱えます)

そして大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

その後、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP7367.jpg

参拝の完了です。


広い境内をご紹介します。

aaaIMGP2553.jpg

お大師さまのお像です。

aaaIMGP2561.jpg

石で作られた心経宝塔
弘法大師が平城天皇の病気平癒を願って般若心経の祈祷をなさいました。
それにちなんで、全国から寄せられる写経が奉納されています。

aaaIMGP2556.jpg

栄かえる
親子孫と三かえる・お金がかえる・福がかえる・病気が引きかえる
撫でながらお願い事をすると、ご利益があるそうです。

aaaIMGP2571.jpg

「お忘れ・ぽっくり地蔵」と記されています。
お忘れ地蔵・ぽっくり地蔵というそうです。
「お地蔵さまは私達の苦しみ、悩みを除き、大慈悲心を以って福徳を与え、中道無間の苦しみを除き、安楽な世界へお導きくださる菩薩さまです」と書いてあります。

aaaIMGP2558.jpg

八体仏十二支守り本尊
一枚岩をくり抜いて光背(体から発せられる後光)を背負った八体仏です。
自分の干支の仏さまにお水をかけてお参りします。


伊予国最初の札所を無事にお参りできました。
次の第41番札所に向けて出発する日がやっと見えて来ました。

スポンサーサイト

  1. 40番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。