ジージャンと同行二人お四国さん 42番札所 仏木寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第42番札所  一カ山 仏木寺   (いっかざん ぶつもくじ)

12月17日

aaaIMGP7867.jpg

新しく立派な仁王門です。
以前の山門が老朽化したために、2010年5月から建て替え始め、2011年5月28日に落慶したそうです。

仏木寺はバス通りにあり、便利の良いお寺です。

aaaIMGP7869.jpg

aaaIMGP7863.jpg

高速自動車道からもはっきり見える大きな山門です。

山門をくぐると

石段があり、珍しい茅葺きの鐘楼堂があります。

aaaIMGP7886.jpg

帰り際に思い出し、山門を出て慌ててシャッターを切りました(夫が)
右に見える茅葺の屋根が、300年の歴史を持つ鐘楼堂です。

そして、石段からまっすぐに伸びた正面にあるのが本堂です。

aaaIMGP7876.jpg

弘法大師が巡錫していると、牛を引く老人から牛の背に乗るように勧められます。
大師は牛の背に乗り進んで行くと、楠の古木の上に大師が唐から投げた宝珠を見つけられました。
そこで大師は楠の木で大日如来像を刻み、その眉間に宝珠を納めて本尊とし、堂宇を建立なさいました。
ここ仏木寺は、ご本尊が大日如来であることから「お大日さん」と呼ばれ、親しまれてきたということです。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【大日如来】 おん あびらうんけん ばざらだとばん

そして、本堂の左横にある大師堂に行きます。

aaaIMGP7885.jpg

そこで、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

その後、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP8388.jpg


参拝の完了です。


境内の様子をご紹介します。

aaaIMGP7872.jpg

まだ若い弘法大師像です。


夫が目を輝かせる七福神が、ここにも並んでおられます。

aaaIMGP7874.jpg

一番向こうの大好きな布袋さまが見えないので

aaaIMGP7877.jpg

このお寺も「南予七福神霊場」です。
それぞれのお寺で、七福神のお顔が少しずつ違います。


境内の真ん中には

aaaIMGP7882.jpg

観世音菩薩像
民を救うにふさわしい柔和なお顔をしておられますね。

このお寺は、牛馬安全の守り仏として信仰され、多くの人々が祈願に訪れたそうです。
現在は、ペットのご供養に訪れる方が多いということです。
「家畜堂」があったのですが、夫が写真を撮っていなくて残念です。


スポンサーサイト

  1. 42番札所 仏木寺
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。