ジージャンと同行二人お四国さん 別格8番札所 十夜ヶ橋永徳寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

別格第8番札所  十夜ヶ橋 永徳寺   (とやがはし えいとくじ)

12月18日

aIMGP7992.jpg

山門はなく、道路に面した境内の入り口でご挨拶です。

どのように参拝したらいいのかわからなくて尋ねましたところ、「本堂・大師堂・橋の下の弘法大師野宿像3ケ所をお参りしてください」と言われました。

十夜ヶ橋のお話をします。
1200年余り前、弘法大師はこの地を巡錫なさった折、宿も民家もなく橋の下で一晩お休みになられます。
その時に弘法大師は、『行き悩む浮世の人を渡さずば、一夜も十夜の橋とおもほゆ』という詩を詠まれました。

この歌の意味は『日々の生活を過ごすので精一杯で、自分のことを考える時間も無く悟りを得ることもできずに、迷いや悩みの世界にいる私達のことです。日々充実した生活を、心安らかな生活を送ってもらうためには、どうしたら良いのだろうか。』
『このようなことを考えると、一晩が十日ほども長く感じた』と詠まれたのです。
 このお話から、この橋は「十夜ヶ橋」と名付けられたと伝えられています。

「橋の下にはお大師さんが眠っておられる。お疲れのお大師さんを起こしてはいけないので、すべての橋を渡る際は杖をつかないようにしよう。」というお遍路さんの風習は、この橋にまつわる言い伝えから起こったとされています。
悩み多き民衆のことを想い、漆黒の暗闇の中、まんじりともせず一晩を過ごされたお大師さまに敬意を払っているのです。

aIMGP7996.jpg

本堂です。

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【弥勒菩薩】 おん まいたれいや そわか (三回唱えます)

その後大師堂に行きます。

aIMGP7994.jpg

ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。


では十夜ヶ橋の下にある弘法大師野宿像に向かいます。

aIMGP8006.jpg

ここに向かうために

aIMGP8011.jpg

橋の上では金剛杖はつきません。


aIMGP8016.jpg


方角を変えて

aIMGP8019.jpg

ご本尊真言は唱えないで、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。

少し丁寧にご紹介します。

aIMGP8024.jpg

この橋の下で修行をなさるお遍路さんもいらしゃるようで、お布団の貸し出しもあるそうです。

aIMGP8026.jpg

民のことを色々悩みお考えになって、一夜が十夜にも感じられたお大師さまのご様子です。


aIMGP8025.jpg


aIMGP8029.jpg

鳩や鯉までも、お大師さまを見守りお側に居るような感じがしました。



最後に、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP8386.jpg


納経所です。

aIMGP7997.jpg

そして、待ちに待ったお数珠の「親玉」をいただきました。

IMGP8490.jpg


このお数珠の説明です。

IMGP8491.jpg



参拝の完了です。


境内の様子を少しだけご紹介します。

aIMGP7999.jpg

なで大師には、痛いところをなでてください、と書かれていました。
膝が一番ピカピカ光っていました。
向こうも、弘法大師像です。

aIMGP8004.jpg

夫が好きな布袋さま、なんて良い笑顔でしょう!
十夜ヶ橋も「南予七福神霊場」の一つです。


さぁ、次の第44番札所大宝寺に向けて出発です。


スポンサーサイト

  1. 別格8番札所 十夜ヶ橋永徳寺
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。