ジージャンと同行二人お四国さん 別格9番札所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

別格第9番札所  文殊院   (もんじゅいん)

2017年5月1日

IMGP2627.jpg

見事な松の木が門のようです。

境内に入り、一番に目に入るのは大きな弘法大師像です。

IMGP2630.jpg

どのくらいの大きさかと言いますと

IMGP2637.jpg

こんなに大きいのです。
お顔がまだお若いお大師さまです。

本堂に戻ります。

IMGP2631.jpg

大師は当院の文殊菩薩に導かれ逗留なさいます。
河野衛門三郎は巡錫なさっているお大師さまを邪険にし、その結果8名の愛児を失い自分の罪の深さに気づきます。
衛門三郎は大師に懺悔し謝罪のため遍路に出ます。
これが遍路の始まりで、四国の霊場を8年・21回巡拝して遂に大師と再会できます。

のちに、大師により衛門三郎は伊予の国主に生まれ変わり善政を行います。
その後衛門三郎旧宅へ寺を移し、河野家の菩提所となりました。

IMGP2632.jpg

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【地蔵菩薩・文殊菩薩】 おん かかかび さんまえい そわか ・おん あらはしゃのう (三回唱えます)

その後横にある大師堂に行きます。

IMGP2628.jpg


本堂に向かって右横です。

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

その後、納経所に行き御朱印と御影を頂きます。

IMGP3180.jpg


参拝の完了です。


境内の様子です。

IMGP2644.jpg

a.jpg

八十八カ寺が石に刻まれ、衛門三郎が巡礼に出発する様子も石に描かれています。

IMGP2638.jpg

その衛門三郎と妻です。

IMGP2636.jpg


七福神の石画もあります。


IMGP2633.jpg

夫の十二支守護本尊「不動明王の像」です。

前回はこの別格9番札所を通り越してしまっていました。
ですから、今回はまず行きました。

その後、八十八ヶ所第49番札所に向います。


スポンサーサイト

  1. 別格9番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。