ジージャンと同行二人お四国さん 49番札所

第49番札所  西林山 浄土寺  (さいりんざん じょうどじ)

5月1日

aIMGP2662.jpg

どっしりとして重厚な仁王門です。

aIMGP2664.jpg

ある本では、阿像仁王様の片方の目が空洞になっていると書かれていましたが。
目の色が少し違うようです。

門をくぐると
aIMGP2685.jpg


右手に手水舎、正面に階段があります。

その階段を上がると、正面には本瓦葺きの屋根で和様と唐様折衷の本堂があります。

aIMGP2666.jpg

端正で荘重なたたずまいです。
重要文化財に指定されています。

女帝・孝謙天皇の勅願で、恵明上人により行基菩薩が彫造した釈迦如来像を本尊として開創されました。
法相宗の寺院だったそうで、のちに弘法大師がこの寺をお訪ねになり、荒廃していた伽藍を再興して真言宗に改宗なさいます。
そのころから寺運は栄え、寺域は八丁四方におよび66坊の末寺をもつほど隆盛したということです。

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【釈迦如来】 のうまく さんまんだ ぼだなん ばく (三回唱えます)

そして向かって右にある大師堂に行きます。
本堂と大師堂の真ん中に大師像があります。

aIMGP2668.jpg

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

このあと、納経所に行き御朱印と御影を頂きます。

IMGP3179.jpg


参拝の完了です。


境内の様子をご覧ください。

浄土寺は空也上人のゆかりの寺でもあります。
空也上人が四国を巡錫し浄土寺に逗留したのは957年から3年間で、村人たちへの布教に努められました。
口から6体の仏像が出ている空也自刻の空也像は有名で、重要文化財に指定されています。
6体は、念仏の『南無阿弥陀仏』の6字を意味しています。

aaIMGP2682.jpg

aIMGP2682.jpg


西林寺にもありましたが、こちらにも正岡子規の句碑があります。

aIMGP2679.jpg

『霜月の空也は骨に生きにける』

aIMGP2680.jpg

「空也の肉体は白骨となっても、人々の胸には念仏の教えが今も生きている」


aIMGP2676.jpg

『お遍路や 杖を大師と たのみつつ』  白象

私もこの句を心に刻み....次の札所「繁多寺」に向かいます。


  1. 49番札所
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.