ジージャンと同行二人お四国さん 58番札所

第58番札所   作礼山 仙遊寺      (されいざん せんゆうじ)

5月2日

aIMGP2941.jpg

駐車場から進んだところでご挨拶をしました。
山門はその駐車場から遥かに下にあります。
歩きお遍路さんは、山門を入ることができます。

aIMGP2973.jpg

これがその仁王門です。
力強い金剛力士像が出迎えてくださいます。


aIMGP2943.jpg

境内に入ると、標高300mの頂上に近いお寺らしく鬱蒼とした木々の青さがまぶしいです。


aIMGP2947.jpg

仙遊寺のいわれです。


aIMGP2950.jpg

二層の波打つ屋根が見事な本堂です。

天智天皇の勅願により伊予の国主・越智守興公が堂宇を建立し、ご本尊は千手観音菩薩像を祀られて創建されました。
その後弘法大師が四国霊場開創の折にこの寺で修法をされ、病に苦しむ人々を救済しようと井戸を掘り、また荒廃していた七堂伽藍を修復して再興されました。

aIMGP2974.jpg

弘法大師が加持祈祷された「お加持の井戸」は仁王門の近くにあります。
多くの諸病を救い、人々から厚く信仰されたそうです。

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【千手観音】 おん ばざら たらま きりく (三回唱えます)


その後大師堂に行きます。

aIMGP2951.jpg


この大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。


このあと、納経所に行き御朱印と御影を頂きます。

IMGP8142.jpg


参拝の完了です。


境内の様子を少しご覧ください。

aIMGP2944.jpg


砂踏み場大師像
一番から八十八番札所のご本尊様の石仏がお大師さまを囲んで、それを囲むように札番を書いた石が敷き詰められています。
石の下には砂が埋めてあり、その石を踏みながら歩きます。

aIMGP2939.jpg

駐車場でそびえる子安観音像です。
慈愛に満ちたお顔が印象的でした。



予定したお寺の最終でした。
私は気もそぞろで、名前の彫ってある石柱に心を奪われています。

aIMGP2954.jpg

ですが、お目当ての名前はありません。
心残りながら、仙遊寺をあとに最終日を終えました。

  1. 58番札所
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.