ジージャンと同行二人お四国さん 第65番札所   由霊山 三角寺  (ゆれいざん さんかくじ)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第65番札所   由霊山 三角寺  (ゆれいざん さんかくじ)

12月3日

aIMGP0176.jpg

大きくてどっしりとした構えの鐘楼門です。

aIMGP0177.jpg

こんなふうに仁王様が安置され、梵鐘があります。
横峰寺で、鐘は修行を積んだ方が突くものです、と伺ったので打ちませんでした。

実はこの時私はまだ呆然とした状態でした。
というのは、延命寺から三角寺までの山道が余りにも狭く急で、私の高所恐怖症が発症してその恐怖感から、我を忘れて泣きじゃくりまだその想いを切り離せないでいました。

aIMGP0166.jpg

三角寺まで、この辺はもうすぐ始まる山道を知りません。
写真を撮る余裕もあります。

その後の山道は怖くて写真を撮る余裕もなく、一枚も撮れませんでした。
長い恐怖に時間を過ごし、やっと三角寺の駐車場に着きます。

aIMGP0171.jpg

恐怖感が拭えず、呆然と立っています。

夫に促され、

aIMGP0172.jpg

やっと長い階段に向かいました。


山門をくぐった記事に戻ります。

aIMGP0180.jpg

向かう先は右手にある本堂です。

aIMGP0184.jpg

山門と佇まいが似ている本堂です。

聖武天皇の勅願によって、行基菩薩が開創したと伝えられています。
その後、弘法大師が巡錫して本尊の十一面観音像を彫造して安置されました。
さらに、大師は不動明王像も彫られ、三角形の護摩壇を築いて21日間「降伏護摩の秘法」を修法されたということです。
その護摩壇跡だと言われている三角の池が庫裡の横にあります。

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【十一面観音】 おんまか きゃろにきゃ そわか (三回唱えます)

その後大師堂に行きます。

aIMGP0186.jpg

横には、高さ7mの延命菩薩さまの立像

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

お参りのあと納経所で御朱印と御影を頂きます。

IMGP0600.jpg


参拝の完了です。


境内の様子をご覧ください。

aIMGP0178.jpg

「おびんずるさま」こと、「なでぼとけ」
このおびんずるさま(賓頭盧尊者)はいつも赤ら顔です。
早い話が飲兵衛の仏さまです。
お釈迦さまのお弟子さんでしたが内緒でちびちびと飲み、ついにお釈迦さまに見つかり説教され破門となります。
一念発起で修行をしてお釈迦さまに努力を認められ、本堂の外陣であれば、ということでお傍に居ることを許された仏さまらしいです(私には耳の痛い話です。。。)


aIMGP0185.jpg

小林一茶の句碑
「これでこそ 登りかひあり 山桜」
一茶が1795年に訪れた際に詠まれた句です。


10月桜もありました。

aIMGP0194.jpg


aIMGP0193.jpg

本堂のところで書いた三角池です。
弁財天が祀られています。

放心状態も冷めやらぬままに・・

aIMGP0203.jpg

三角寺をあとにしました。




 
私は幼い頃から高所恐怖症ではありました。
飛行機も駄目です。
私が乗ったのは、夫からどうしてもと誘われた北海道の旅だけです。
そのときの怖さもハッキリ覚えており、もう二度と飛行機には乗れない、と思っています。

それから夫と山登りに行くようになり、高所恐怖症が大きな壁になって途中棄権が幾度もありました。
その後このお四国さんで、離合が難しい高所の山道を幾たびも経験しています。
その恐怖といったら・・・例えようのない怖さなのです。
車の中で、落ち葉の軋む音を聞きながら崖っぷちの路肩を走るとき

もうここで落っこちる、落ちなければならない・・吸い込まれること必至。
巧く表現できません。
口から出る言葉は「怖い、もうやめたい、なんでここまでしなきゃならない? もう戻ろう
ここでやめてもお大師さまは許して下さる・・・・・・」

お数珠を握りしめ、口不浄な言葉を吐きつつ、ずっと「南無大師遍照金剛・南無大師遍照金剛・南無大師遍照金剛」と唱えます。
途中からその声は涙声になり、まるで子供のように泣きじゃくり
夫も最初は笑っていますが、その私の形相を見て「大丈夫」を繰り返しながら運転しています。

そしてこの三角寺から、別格13番札所「仙龍寺」に向かう山道はこれまでで最も恐ろしい道だったのです。

  1. 65番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]


comment

高所恐怖症

  1. 2017/12/12(火) 16:59:22 |
  2. URL |
  3. 遠音
  4. [ edit ]
あぁ・・分かる!・・と思わず出てくる言葉です。
でも私はこんなにひどくはないです。
これからどんなふうになるのでしょう!
背中のジージャンが笑っているように私には見えます。
ガンバレ マモエちゃーん~ 遠音

Re: 高所恐怖症

  1. 2017/12/13(水) 08:36:09 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
遠音さん、おはようございます!

寒いですが、そちらはもっと寒いですね。

でしょう~
遠音さんも高所恐怖症ですものね。
先日美容師さんも高所恐怖症だと言われ、気持ちが分かり合えて盛り上がりました(笑)
まだお若いその方は、克服したい!、と真顔でおっしゃいました。

楽しめることが減りますものね!
私ひどいでしょ、お四国さんで再確認しましたよ。
どうにかしたい、、本気で。

(笑)
きっと、笑っています、見えますよ、その顔が(^_^;)
毎回、「あっちゃん一緒に行くよ、ついてきてね」と言います。
今回、そう言いながらリュクを背負うとき、つい涙ぐんでしまいました。

がんばります!
応援、しっかり胸に刻んで。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。