ジージャンと同行二人お四国さん 別格第15番札所  箸蔵寺  (はしくらでら)
FC2ブログ

別格第15番札所  箸蔵寺  (はしくらでら)

12月3日(2017年)


aIMGP0299.jpg

威風堂々とした構えの門の前でご挨拶をしました。
ですが、これは山門ではありません。

ロープウェイに乗ってこの門にたどり着きました。

aIMGP0296.jpg

ロープウェイから見えたこの仁王門が山門です。


aIMGP0300.jpg

この門をくぐると広い境内に出ます。


aIMGP0305.jpg

長い階段を上がるようです。

aIMGP0307.jpg

上がり切ると、歴史を感じる大きな鐘楼堂があります。
国指定重要文化財です。
本堂はまだです。


鐘楼堂の前を通り過ぎると、また長い階段があります。

aIMGP0308.jpg


aIMGP0316.jpg
何やら大きな屋根が見えてきました。


aIMGP0322.jpg

本堂に到着です。


828年、弘法大師が四国巡錫をなさっているとき、箸蔵山で金毘羅神の御神託をお受けになります。
大師は金堂に一刀三礼薬師如来・ご本殿に金毘羅神を祀り、七堂伽羅を整えられます。
以来今日まで、金毘羅奥の院として信仰を集めています。
箸蔵寺が現在のような規模となったのは、文化文政時代以後のことだと考えられています。

参道の灯籠は、そのほとんどが全国的な規模で寄進されています。
金毘羅信仰がどれほど大きな広がりだったかがよくわかります。
また星祭り・春・秋の例大祭等数多くの法要がありますが、中でも「箸供養」は全国に知られているそうです。
夏の箸供養では、使用済みの箸を家中に投じて感謝の祈りをささげる盛大な法要が催されます。

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【金毘羅大権現】 おん くびらや そわか  (三回唱えます)


その後大師堂に行きます。

aIMGP0331.jpg


御影堂(大師堂)

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。


お参りのあと納経所で御朱印と御影を頂きます。

IMGP2594.jpg


参拝の完了です。


広い境内の様子をご覧ください。


aIMGP0313.jpg


修行大師。


aIMGP0302.jpg


ぼけ封じ観音さま
たくさんのお寺で見かける観音さまです。

aIMGP0319.jpg

大木もあり、境内は荘厳な雰囲気でした。

aIMGP0326.jpg

広いでしょう~

aIMGP0329.jpg

大きな不動尊像です。


aIMGP0324.jpg

神馬。


aIMGP0342.jpg

薬師堂(写真中央)
その横に修行大師像。


最後に

aIMGP0291.jpg

aIMGP0285.jpg


ロープウェイから眺める景色です。



  1. 別格15番札所
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.