ジージャンと同行二人お四国さん 第2番札所 日照山極楽寺
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第2番札所 日照山極楽寺

aIMGP2340.jpg

鮮やかな朱色の仁王門です。
辺りを明るく彩っているようです。

山門をくぐると
aIMGP2339.jpg

定規で測ったような庭園が広がっています。

手水鉢まではここから少し歩きます。
その手水鉢の直ぐ側には
aIMGP2335.jpg

弘法大師が21日間の修行の後、お手植えなさった「長命杉」がそびえています。
この長命杉の幹に触れると「長命を保ち天寿を全うできる」と古くから言い伝えられているそうです。

そこから続く44段の階段です。
aIMGP2337.jpg

上がった先に、ご本尊の阿弥陀如来像を祀った本堂があります。
灯明・線香・納め札・お賽銭を納めた後、お経を上げます。
ご本尊真言は、【阿弥陀如来】 おん あみりた ていせい から うん

その後、大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

本堂と大師堂をあとにして
aIMGP2334.jpg

「やっぱり落ち着いて出来なかったなぁ。心落ち着けて色んな思いを巡らせることも出来なかったし・・。こんな参拝でいいのかなぁ」と心で呟きながら降りています。

降りてすぐに
aIMGP2336.jpg
お釈迦さまが石の上でお説法をなさると、石に足形が残ったと言われる「仏足石」があります。


納経所に向かいます。
そこで御影も頂きます。
aIMGP2620.jpg

参拝の完了です。


*私の不注意で、10月16日の「極楽寺」の記事を削除してしまいました。
沢山の「拍手」を頂いていましたのに、本当にごめんなさい。


 
参拝の後、丁度お昼になりました。
おうどんを頂きたい思い、霊山寺の横の小奇麗なおうどん屋さんを提案しました。
すると夫が「その向かいにある地元密着のようなセルフのうどん屋に行ってみようよ」と言いました。
そのセルフのお店の中に入ると、地元の人らしき方が大勢いらっしゃいました。

そのおうどんは「鳴門うどん」と言って、讃岐うどんのような腰のある太麺ではなく細い麺でした。
少し甘目のお出汁がとっても美味しく、細麺との相性が抜群でとっても美味しかったです!
しかもお安い、お稲荷さんと天ぷらも頂いて1200円くらいでした。
びっくりでしょう~?

ゆっくり頂いて、3番札所に向かいます!

  1. 2番札所
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。