ジージャンと同行二人お四国さん 第17番札所  瑠璃山井戸寺  (るりざん いどじ)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第17番札所  瑠璃山井戸寺  (るりざん いどじ)

aIMGP4411.jpg

ご覧下さい、朱色の立派な仁王門です。
間口がとても広いです。

私たちは駐車場からここに来るまでに、随分迷いました。
余りにも大きなお寺で、どこをどう廻ったらいいのか
aIMGP4409.jpg

とっても長い塀なのです。
まだ探しているところです。

ご挨拶を済ませて
aIMGP4412.jpg

やっと入ることが出来ました。
あら、今回は右足から入っていますね。

山門を入ってすぐに、呼び止められました
aIMGP4419.jpg

これは帰りの写真ですが、山門の前に多くのご婦人方がいらっしゃいますでしょ。
私の首に巻いているマフラー、分かりますか?
このマフラーは、そのご婦人方の手作りで、お遍路さんのお接待のために編んでくださったのです。
お参りの前に頂きました。


話しを進めますね。
これが本堂です
aaIMGP4413.jpg

ご本尊さまの七福薬師如来は、聖徳太子の作と言われています。
その後、弘法大師がこの地を訪れて十一面観音を刻んだということです。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【七福薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか  (三回唱えます)

その後、大師堂に行きます
aaIMGP4414.jpg

そこで、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

立派な本堂と大師堂です。

そして納経所で御朱印とお御影を頂きます。
IMGP4687.jpg


参拝の完了です。


お大師さまが悪しき水で苦労する住人のために、錫杖で地をついたところ清水が湧き出たと言われています。
そして、その寺号を「井戸寺」となさいました。
aIMGP4415.jpg

この中に井戸があります。

aIMGP4418.jpg

この井戸をのぞいて顔が映れば、その人の寿命が3年延びると言われています。
私たちも、恐る恐るのぞいてみました^^
見えました(^-^)

このお寺の印象は、とにかく豪勢と言う感じがしました。
活気のあるお寺です。

お接待で頂いたマフラーです。
IMGP4685.jpg

綺麗な色でしょう~、とってもおしゃれなんです。
これをいただく時に、そこに居た坊やが「この人たち、なんか優しい」と言ってくれのですね。
そして、夫を見て「あ、色が同じで(リュックと服)おしゃれしてる」とも^^
幼い子に褒められて、二人とも殊の外にこやかになりました。
それで、帰る時に陰の方で急いで首にマフラーを巻いて、「ありがとうございます!」と、再びお礼を言って山門を出ました。
aIMGP4423.jpg

私は、ルン・ルン♪です(*^_^*)



 
山門を入って直ぐに、マフラーを持ったご婦人が私に差し出された時は、お布施として買ってほしいという意味かと思いました。
どうしたら良いのかわからず面食らってしまっている私に、「これはお接待です、これから寒くなりますから、これを巻いてお遍路をして下さい」と優しい笑顔でおっしゃいました。
そして、色とりどりのマフラーを見せてくださり、選ぶのを手伝って下さいました。

そして、お礼に納め札を差し上げようとしましたら、「勿体ないから、他のところで使って下さい」と辞退なさいました。
私たちはその言葉に甘えました。
そして、自然に「ありがとうございます」と、合掌していました。
お寺を巡っていますと、誰に教わったわけでもないのですが、自然に手を合わせます。

何事も形も大事だと言いますよね、手を合わせる気持ちは、謙虚さに通じていると思われませんか?
初めは形からでも、いつの日か本物の謙虚な人間に成りたいです(^-^)

明日は、弘法大師の母君にまつわるお寺「恩山寺」のお話です。


  1. 17番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]


comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/12/02(水) 20:04:33 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2015/12/02(水) 21:30:54 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
鍵コメさま、こんばんは~
そちらは13:25、こちらは21:25です^^

鍵コメさまは、まだお若いのに、しっかりした堅実なお考えを持っておいでですね(^-^)
頼もしいですよ。
謙虚さとは、別に引っ込み思案なことではないですものね。
自分の意思はしっかり持ちながらも、他人の考えも尊重できる、そんな人間に成りたいです。
自己主張と我儘は、巧くコントロールしないと紙一重ですよね(^_^;)

他人を心から尊重できたら、自然に謙虚さも身に付くような気もしますが・・
そう簡単には行きませんかね(笑)

鍵コメさまも、海外で色々御苦労なさっていると思います。
でもきっと、それは今後の発展に大きな力となってくれるような感じがします!






 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。