ジージャンと同行二人お四国さん 第18番札所  母養山恩山寺  (ぼようざん おんざんじ)

第18番札所  母養山恩山寺  (ぼようざん おんざんじ)

aIMGP4445.jpg

この山門は、本堂のある境内から随分下の方にあります。
私は車ですので、この横を素通りしてしまいましてね。
息子が山門の写真を撮っていたことを思い出しまして、帰り道に注意しながら下りて来ました。

車で駐車場に着いた時は、そんなことを知らないものですから
aIMGP4424.jpg


恩山寺目がけて歩きます
aIMGP4427.jpg

上へ上へと歩きます。
aIMGP4428.jpg


そして
aIMGP4429.jpg

ここまで上がって来ました。


しかし、山門をキョロキョロと探してもありませんので
aIMGP4430.jpg

こちらでご挨拶をしました。

山裾のお寺らしく石段が多いです
aIMGP4431.jpg

手水鉢で清めたあと、石段を登って本堂に向かいます。

その途中に
aIMGP4434.jpg

ご覧ください。
これまで廻ったお寺にも多くの水子地蔵がありましたが、この恩山寺の水子地蔵は一際目を引きます。

お参りの前に
aIMGP4436.jpg

鐘をつきます。

本堂には、行基が刻んだという厄除けの薬師如来がご本尊として祀られています。
その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか  (三回唱えます)

弘法大師が自像を刻んで、大師堂に安置したと言われています。
その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

その後、納経所で御朱印とお御影を頂きます。
IMGP4723.jpg

参拝の完了です。


ここ恩山寺のお話をしますね。
弘法大師がこのお寺で修行をなさっている時に、母君の玉依御前(たまよりごぜん)が讃岐の善通寺からお訪ねになりました。
ところがこのお寺は女人禁制でした。
そこで大師は、山門近くの滝に打たれ17日間の修行で、女人解禁を成就なさいました。

お寺に入ることが出来た玉依御前は、その後出家なさいました。
そこで大師は、山号は母養山・寺号を恩山寺となさいます。
玉依御前が剃髪なさったその髪は、「大師御母堂剃髪所」のお堂に、大師作「御母公像」と共に安置されています。
aIMGP4432.jpg

お堂は
aIMGP4438.jpg

大師堂と廊下で繋がっていて、お大師さまに寄り添うように建っています。
これを見た時に、母子の深い絆を感じ胸が熱くなりました。

そして山門近くに
aIMGP4447.jpg

「毘欄樹(ビランジュ)」と言います。

aIMGP4449.jpg

お大師さまが、母君を招き入れた記念として植えられたそうです。
現在は、県の天然記念物に指定されています。


最後に
aIMGP4440.jpg

立派な大銀杏でしょう~

御詠歌 『子を産めるその父母の恩山寺 訪ひがたきことはあらじな』




 
次男が海外に旅だったあと、彼が置いていった荷物の中に「第十八番」と書かれた一枚の御札がありました。
四国巡礼の時の御札だとすぐに分かりました。
私の誕生日が18日ですので、なんとなくこれは息子を守ってくれそうな気がして、こちらから荷物を送る時にその御札を入れました。
それが、まさか弘法大師と母君との、いわれあるお寺だとは知りませんでした。

母と子と言うのは、どんな時代でもその温かさは変わりませんね。
近頃は「母」と言う字を見ただけで、グッと来る時があります。
私の母は認知症で現在入院をしています。
どんな母の姿でも、母に対する想いに変わりはなく、歳を重ねるごとにその想いは募ります。

弘法大師が母君のために、17日間不屈の精神で修行なさったお話に心打たれます。
私も息子たちから、そのように慕われる母であるか自問自答しました。

私はこのお寺が大好きになりました。

aIMGP4441.jpg

最後に記念撮影をして、玉依御前にお礼を言って、次の「19番札所」を目指します!


  1. 18番札所
  2. / comment:4
  3. [ edit ]


comment

  1. 2015/12/03(木) 08:44:21 |
  2. URL |
  3. 寿芳
  4. [ edit ]
のんびりと、お遍路して下さい。私の思うお遍路とは・我が身を大切に何も考えないで一足・一足・歩くのが遍路と思います。
やり遂げた満足感がお遍路だと思います。御無事を祈って居ます。
         合掌

Re: 心

  1. 2015/12/03(木) 08:55:08 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
寿芳さま
おはようございます。
初めまして。

お声を掛けて下さって、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。

実は私も昨日伺って、お話しをしたかったのですが。
なんとなく敷居が高く遠慮してしまいました。

寿芳さまは、もう幾度も廻っていらっしゃるのですよね。
含蓄のあるお言葉、これから身に沁みてわかって来ますでしょうか・・

ご先達のアドバイス、誠にありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。

  1. 2015/12/03(木) 13:27:24 |
  2. URL |
  3. 寿芳
  4. [ edit ]
同行二人では無く同行四人ですよ。此れが気になりました。
お杖を見て下さい。(同行二人)と書いてありますよ。お杖はお大師様です。(お大師様を一人と思って自分が辛い事はお大師様も辛い)
辛い時には、お杖に縋りなさい。南無大師遍照金剛とお願いすると、楽になりますよ・・・寿芳は?で黙って歩くと疲れるから声を出すと思います。後は考えて下さいネ。

ありがとうございます。

  1. 2015/12/03(木) 16:42:41 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
寿芳さま

ご指導をありがとうございます!

夫と私とそれぞれにお大師さまと言う意味ですよね。
私は夫と一緒に行っていますが、心はそれぞれ一人という意味から「同行二人」と致しました。

お杖の意味は知識としては知っていますが、まだまだ本物ではないです。
ですが、怖い体験をした時にお杖のお大師さまにお縋りしました。
「南無大師遍照金剛」とお願いするのですね。
分かりました、ありがとうございます。

お気付きになったことを教えてくださったこと、感謝いたします。
                     合掌

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.