ジージャンと同行二人お四国さん 第25番札所   宝珠山 津照寺     (ほうしゅざん しんしょうじ)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第25番札所   宝珠山 津照寺     (ほうしゅざん しんしょうじ)

12月5日

aIMGP5068.jpg

柱に屋根がついただけの、こぢんまりとした朱色の山門です。
左の石碑には、「海上安全交通安全 御本尊楫取り(かじとり)地蔵菩薩」と刻んであります。
海で働く漁民の信仰が厚いこのお寺は、地元の人々からも「津寺(つでら)」と呼ばれて親しまれています。

津照寺の周辺は細い路地が多く、駐車場は港の傍にありました。
aIMGP5064.jpg


抜けるような青空のもと、魚屋さんの威勢のいい声を聞きながら
aIMGP5065.jpg
山門に向けて歩きます。

夫は職業柄
aIMGP5066.jpg

これが気になるようです。

さて、山門をくぐった私は、上を見上げます
aIMGP5071.jpg

またしても階段です。
階段の途中には、鐘楼門が見えます。

フーっとため息が出ましたよ、頑張って上がりましょう
aIMGP5072.jpg

勾配も急ですが、一つ一つの階段の幅が狭いのです。
手すりを持っていないと怖かったです。

aIMGP5073.jpg

鐘楼門の下右手に、漁業殉職者の慰霊塔があります。
合掌

aIMGP5076.jpg

その石碑を通り過ぎると
aIMGP5077.jpg

海を向いて立っている大師像は、海の安全を祈願して造られたということです。

そして、やっと
aIMGP5078.jpg

鐘楼門をくぐりました。
まだまだ階段は続きます。
夫も私のお尻ばかりを写すのに疲れたと言っていました(笑)


階段を上がりきった所は、小高い丘陵です。
aIMGP5079.jpg

漁港の町を見下ろして、この地を守るお寺だということを強く感じました。

本堂はその小高い丘陵にあります。
ご本尊さまにまつわる話を少ししますね。
弘法大師が四国で修行なさっている時に、、山の形が地蔵菩薩の持つ宝珠に似ていることで霊地とし、地蔵菩薩を自ら刻まれ、山号を「宝珠山」寺号を「津照寺」となさいました。

そのご本尊さまは、「楫取地蔵菩薩」と呼ばれるようになります。
それは、土佐藩主山内一豊が室戸沖で暴風雨に襲われた時に、一人の僧侶が現れて舵を取り無事に港に着きます。
山内一豊が僧侶の後を追うと、僧侶は津照寺の本堂へと入って行きました。
一豊が本堂へ入ると、海水をかぶって濡れていたご本尊さまの姿がありました。

それからご本尊さまは、「楫取地蔵菩薩」と言われるようになったということです。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【楫取地蔵菩薩】  おん かかかび さんまえい そわか  (三回唱えます)

その後、大師堂に向かうために、上がって来た階段を降ります。
aIMGP5084.jpg

すると、左手に
aIMGP5086.jpg

大師堂の前に、こんな木碑があります。
信心深気な方が、この木碑を両手でしっかり押さえて何やら呟いておいででした。
私もあとで、ちょっと真似をしましたが意味はわかっていません。。

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。

そして側にある納経所で御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5403.jpg


参拝の完了です。


その納経所に
aIMGP5085.jpg

私も、「南無大師遍照金剛」と唱える時に、この言葉を思い出すように努めます。


 
津照寺を出たのは11時を回った頃でした。
早い時間に朝食を摂っていましたので、そろそろお腹が空いてきました。
山門に向かう時に、小さなスーパーやお魚屋さんや、食堂があったのですね。
小さなスーパの、「お弁当あります」という張り紙が気になっていました。

帰りに寄ってみると、一目見ただけで食べたくなるような、お野菜がいっぱい入っているお弁当があるではありませんか。
少しお昼には早い時間でしたが、早弁にすることにしました。
お茶とお弁当をぶら下げて、車に戻りました。
2人で、「美味しいね~」と言いながら頂きました。

眼前に広がるこの景色もご馳走です。

aIMGP5089.jpg

お腹を満たして、次の26番札所に向かいました。


  1. 25番札所
  2. / comment:4
  3. [ edit ]


comment

おはようさんです^;^

  1. 2015/12/18(金) 11:14:40 |
  2. URL |
  3. 光子
  4. [ edit ]
今日はお日さまは出てるけど 寒~いですよ
外は10℃部屋は15℃ ストーブだけで~す

朱の山門がきれ~いですね
どこも階段が多くて 足腰が鍛えられますね^;^
南海トラフが来るとどうなるんでしょうね
あっ関係ない事でした
次のお寺が楽しみで~す 

道中がだんだん長くなりますね
四国は雪は少ないかもですが凍ると危ないので気をつけて!

光子さんへ

  1. 2015/12/18(金) 12:58:31 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
光子さん
こんにちは~

いいな~お日様ですか。
こっちは、またもや時雨れております(¯―¯٥)
室温は20.4℃ですけど・・

これまでで1番小さな山門でした。
その階段をくぐって、あらら、また階段~~(TдT)
今回はずーっと階段でしたよ~

南海トラフ、そうですね。
夫はその道の専門家ですので、四国を廻る時も避難場所を結構確認しています。
車中泊の場所も、その事を必ず考えているそうです。

高知は長~~~い海岸線を走りますね。
次は、足摺岬の方まで行く計画です。

凍結が一番怖いですね。
しかと注意して廻りますね。
いろいろお気遣いして下さって、嬉しいです(*^_^*)

光子さんが見てくださっていると思うと、やる気が出てきますよ!
Thanks!

「四国四色」

  1. 2015/12/18(金) 14:53:10 |
  2. URL |
  3. [ edit ]
お四国というのは、まさに「四つの場所」
四国四色の趣があるよね。

徳島から始まり、高知に入ると
俄然、海が広がって雄大になってくる感じがします。
太平洋の抜けが気持ち良いね。

お大師さまの「空海」。
この景色を眺めていると、大きさと豊かさが胸に広がってきて
なぜ、そう名付けられたかが想像できる気がします。

石碑などにも「海上安全交通安全...」と書いてあったり
漁業殉職者の慰霊塔が建っていたり
海とともに暮らしてきたこの地の方々の想いも、伝わってくるようです。

ふふふっ、ご主人のご専門だものね。
私も住まい選び...お二人からアドバイスしていただいて、勇気付けられています。
これからも、いろいろ教えてね(⌒-⌒)

頑張って頑張って、階段を上がりきったら
そこは丘の上。
ほんとだね、漁港を眼下にすると
この地を守るお寺なんだということが実感できるね。

納経所の「いつもこころに」。
私も胸に刻みました。

泣いたり笑ったり、人生いろいろあるけれど
「だいじょうぶ!」
いつもお大師さまがそばに居てくださるものね。
生まれてきたことに感謝しようね!

充実したお参りを終えて口に運ぶお野菜がいっぱいのお弁当!
素晴らしい景色と交わす笑顔が
何よりのごちそうだったねv-415

雪の大山と光のコラボも見せてもらったよー^^
すっごく素敵だった!
海も山も、日本の四季は本当に美しいのだと
あらためて深く頷かされますv-353

ままとご主人に『さちあれ!』

桃ちゃんへ

  1. 2015/12/18(金) 21:12:04 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
桃ちゃん
こんばんは~

阿波国・土佐の国・伊予国・讃岐国だよね。
発心・修行・菩薩・涅槃
仏に帰依する順番?

太平洋と日本海の違いがはっきりわかるね。
日本海はどこか物悲しく彼方へ続く感じがする、太平洋は雄大で未来へ続く感じがする。

「空海」まんまだけどね(笑)
どこまでも続く、際限なく続く、いい名前だよね、あら、おこがましい(笑)

地震は怖いものね。。


桃ちゃん、今日も話したけれど、「だいじょうぶ」この言葉に込められた温かさ、力強さに救われる時あるね。
息子が、事あるごとに「だいじょうぶ、だいじょうぶだよ」って言ってくれた時、親の私がどれだけ救われたか・・
息子のこの口癖、息子との最後の会話の時も、しきりに「だいじょうぶ」と言っていたことが昨日のことのよう。

桃ちゃんが、コメントに「だいじょうぶ」を取り上げてくれたこと、私もそこに目が行ったからね。
また通じた!
って思ったよ(^-^)

私にとってのお大師さまは、空海であったり息子であったり・・・
「同行二人」のほんとの意味は、きっと最後にわかる気がするよ。

美味しいもの大好きな私、これまで四国で頂いたお食事、全て◎でした^^

今朝の大山よ。
「来春の夢」にしようかと思ったけれど、ちと早いよね(笑)
桃ちゃんも今年の終わり、最高だもんね(^_-)-☆
来春へと続きますように!

桃ちゃんも『さちあれ!』
ヽ(=´▽`=)ノ

まま♪

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。