ジージャンと同行二人お四国さん 中国観音霊場 第13番札所 高野山真言宗 龍泉山 三瀧寺   (りゅうせんざん みたきでら)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

中国観音霊場 第13番札所 高野山真言宗 龍泉山 三瀧寺   (りゅうせんざん みたきでら)

1月3日

私たちは昨年の12月26日から、新天地での居住も始めました。
そこで、お水取りに行きました。

aaaaaaaaaaaaaaaIMGP5614.jpg

境内に入って、この時はまだ何も知らないで多宝塔に向かっています。

画像はありませんが、弘法大師・日蓮聖人・道元禅師・親鸞聖人のとってもリアルな立像がありました。
お像ながら存在感があり、圧倒されます。

なんと素晴らしい設えのお寺だと、あまり気乗りのしなかった私も興味が湧いてきました。

aIMGP5615.jpg

至るところに磨崖仏があります。

aIMGP5616.jpg

パワースポットとよく言いますが、ここはそれを眼・耳・鼻・身で感じ取ることが出来ます。
出雲大社と同じような『気』を感じました。
躰の中に澄んだ空気が入り込んでくるような感覚です。

aIMGP5619.jpg

異次元の世界に入り込んだ、そんな気持ちになりました。

aIMGP5617.jpg

静寂に滝の音だけが響きます。

aIMGP5620.jpg

長い階段の途中に鐘楼門があり、鐘を一打して更に上に上がっていきます。

上がりきった所にやっと手水鉢がありました。
その続きに、祈願をお願いするところがあり、自然の流れで、「家内安全・商売繁盛」をお願いすることにしました。
その後、何もわかっていない私たちは促されるままに三鬼堂に行きました。
そこで護摩焚きがあり、お経本を手渡され驚きました。

私達が巡礼で上げている般若心経のお経本で、弘法大師が開基なさったお寺でした。
そして、そこでお経を上げます。
ご本尊真言は【聖観世音菩薩・三鬼大権現】  おん まか きゃろにきゃ そわか

まさか、お水取りに行った先のお寺が弘法大師と縁のあるお寺だとは思ってもみませんでした。
私たちは、お大師さまが導いてくださったのだと本気で思いました。

その名水です
aIMGP5621.jpg

ここで少しいただいて持ち帰り、家の周りに撒いてお清めをしました。


 
お水取りの話です。
祐気取りの一種で、自分にとって良い方角のお水(水道水は駄目)をいただくことによって、運気を助けます。
年盤・月盤・日盤すべて良い方角ということが条件です。
夫と私は、同じ木星です。

2人に共通な良い方位は、一白水星・九紫火星の方角です。
H27年の年盤で見ると、南西の九紫火星しかありません、一白水星には暗剣殺が付いていますので方位は取れません。
12月の月盤は、南西方位に一白水星があります。
1/3の日盤は、南西方位に九紫火星があります。

ということで、南西(大山方面からも新天地からも)にお水取りに行きました。
大雑把ですが九紫火星は仕事面を助け、一白水星は愛情面の充実です。
木星同士は、なかなか吉方が取りにくいのですが、運良くとれて良かったです。
お水取りの方法は詳しく書きませんが、決め事が多いです。

H28年は、2人共が同じ方位は取れません。
それぞれの吉方位で、お水取りはできますが、一人で行くことになります。
しかし、家の周囲には撒けません。
ですが、『主人』である夫の吉方位(南東・北西)からのお水は撒いてもいいかもしれません。


  1. 番外編
  2. / comment:6
  3. [ edit ]


comment

賀正

  1. 2016/01/06(水) 23:44:36 |
  2. URL |
  3. 光子
  4. [ edit ]
本年もよろしくお願いいたします

最初のお寺の名前 ボーっと見て
フォト見ながら・・・あれ~どこか見た事あるよな~・・・って
もう1度最初にもどって あらぁ~三滝・・・

娘はお宮参りにここを選びました 
お寺なのに出来ますか~って聞いてね
なぜだかここが良いような気がしてね
般若心経の書いてある「佛前勤行次第」を頂いて
この中に般若心経も書かれていたのですよ
何も知らない 33年前のことです

静かなお寺ですよね 好きな場所です

光子さんへ

  1. 2016/01/07(木) 07:47:39 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
光子さん
おはようございます☆

こちらこそ、宜しくお願い致します。

三瀧寺は幽谷という言葉がぴったりですが、街中にありますね。
原爆での被害はなかったのでしょうか??
お嬢さんのお宮参りですか、33年前なのですね。
光子さんと私の感性は似ているのかしら(^_^)v
夫と「折々に行きたいね」と話しています。

光子さん、これからも色々教えて下さいね<(_ _)>

こちらではお初です

  1. 2016/01/07(木) 20:45:10 |
  2. URL |
  3. 花世
  4. [ edit ]
新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
お遍路をしやすくするために新天地に居を構えることにしたの!?
方位とか方角とか私には難しすぎてお話しについて行けませんが
急な石段を一歩一歩上がり、目的の場所に着いた時の安堵感と爽快感を甘受できればなと思います。

花世さんへ

  1. 2016/01/07(木) 20:58:00 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
花世さん
こんばんは~

こちらこそ今年もよろしくお願い致します!
いえいえ、夫の仕事の関係です^^

方位のことは、今回だけの余分なお話です(^_^;)

このお四国さんというのは、経験すると何とも言えない魅力を感じます。
一度お廻りになった方が、再度なさるお気持ちがわかりますよ。
くたびれていても早く行きたいという気持ちになります。
しかし、階段が多いですわ^^;

全て歩きではないですので、そのくらいしないとね(笑)


  1. 2016/01/12(火) 15:48:50 |
  2. URL |
  3. メルまま
  4. [ edit ]
こんにちは、そしてあけましておめでとうございます。三滝にいらっしゃるのですか?うちと同じ区内で、お隣の山の上に住んでいます。びっくりです!

メルままさんへ

  1. 2016/01/12(火) 22:52:57 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
メルままさん
こんばんは。
今年もよろしくお願い致します!

あら、びっくりです^^
この地のことは詳しく知らなくてごめんなさい。

うちは、区は違います。
三瀧寺がうちから南西にありましてね。

それにしてもお近くになりましたね。
宜しくお願い致します。
(*^_^*)

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。