ジージャンと同行二人お四国さん 第35番札所     醫王山 清瀧寺      (いおうざん きよたきじ)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

第35番札所     醫王山 清瀧寺      (いおうざん きよたきじ)

1月10日

aIMGP5841.jpg

古くてひっそりした感のある仁王門ですが、秘密があります。

これです
aIMGP5843.jpg

仁王門の天井に龍の絵が描いてあります。
明治33年に描かれたこの龍は、「「八方にらみの龍」と言って、何処に立って見ても龍の目と合います。

この山門は歩きお遍路さんには馴染みがありますが、車で行くと駐車場から階段をかなり下って行きます。
その駐車場に車で行くときも、かなり狭い道が九十九折になっており、私は非常に怖かったです。
ずっと「南無大師遍照金剛」と唱えていました(笑)

その山門をくぐり
aIMGP5844.jpg

山門に向かうために下りた階段を上がって行きます。

最後の方は
aIMGP5845.jpg

疲れて手すりを掴んでいますね、自分では気付きませんでした(笑)

そして
aIMGP5846.jpg

境内の中の駐車場に着きました。

その境内で目につきましたのが
aIMGP5856.jpg

高さ15Mの薬師如来のお像です。
あら?
aIMGP5857.jpg

お像の下に真っ暗な入口が見えます。

ここは、台座の中で88段の戒壇巡りができ、そこを巡ると厄除けにご利益があると言われています。
真っ暗な中を、薬師如来のご真言「おん ころころ せんだりまとうぎ そわか」と唱えながら巡ります。
私達も参拝の前に巡ってみました、ほんとに全く光の差さない暗闇です。
手を繋いで巡りましたが、恐怖感が襲って来て、とても一人では歩けませんよ。

そして
aIMGP5847.jpg

薬師如来像の横の階段を上がると、すぐに本堂があります。

行基が薬師如来像を刻み、本尊として「影山密院・繹木寺」と名づけ開山したのが初めと伝えられています。
その後、弘法大師が巡錫し、五穀豊穣を祈願して閼伽井権現と龍王権現に17日の修法をなさいました。
そして満願の日に金剛杖で壇を突くと、清水が湧き出て鏡のような池になり、そこで山号や院号、寺名を現在のように改めたと伝えられています。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【厄除薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか  (三回唱えます)

その後、大師堂に行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。


そして、少し離れた納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5979.jpg

参拝の完了です。


少し境内をご紹介しますね。

本堂の横に、岩清水の滝があります
aIMGP5854.jpg

手水舎に繋がっています。
aIMGP5848.jpg

右下の手ぬぐいがある所が手水舎です。

境内は広くて賑やかです
aIMGP5850.jpg

そして
aIMGP5874.jpg

広々としていますでしょう~

納経所のある所からは
aIMGP5859.jpg

もう一枚
aIMGP5862.jpg

吸い込まれるような美しさでした。
多くのビニールハウスが見えますでしょう~
「土佐和紙」「手すき障子紙」で知られる高知県の紙どころです。
「みつまた」をさらし、和紙を漉く水の源泉として有名な所でもあります。


 
人は誰でも心の中は自由なので、いろいろなことを思いますよね。
例えば、他人の行動について、自分の価値判断で良い悪いを『思う』とします。
その思いを他の人に何気なく話すと、聞いた人は「彼(彼女)はそう言った」と、また誰かに話したりすることもあります。
そんな他愛もないさざ波でも、いつか大きな波となって広がっていくことになります。

ある行動を起こした人が、その人にとっては批判に等しい『他人の思い』を聞くことは辛い事だと思います。
ですから、喜ばしくないと思われる『自分の思い』は軽々に人に言わないほうが良いと思うのです。
決して大きな批判ではないと思っても、自分の胸に留めて置くことを心がけたいです。
なんでもちょっとしたことが大きな波紋を生んだりします。

何気なく言ったことが、誰かを傷つける事になった場合、そのちょっと言ってしまったことで自分も加担してしまうことになります。
そんな話を真友としました。
「私は事の善悪とは関係のない自分の思いは、夫であれ滅多に言わないよ」と言いました。
すると彼女は、それを素直に褒めてくれました。

そんなことを率直に話せて、それを素直に受け止めてくれる真友との関係をこれからも大切にしたいと思います。
昨日の会話でしたので、ここに記しておきます。

順調に36番札所に向かいます!


  1. 35番札所
  2. / comment:8
  3. [ edit ]


comment

親友

  1. 2016/02/05(金) 19:30:47 |
  2. URL |
  3. 六花
  4. [ edit ]
わかり合える友を持っていて どんな財産を持っているより
豊かです。

六花さんへ

  1. 2016/02/05(金) 20:18:27 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
六花さん
こんばんは。

私も63年生きていますから、長い長い付き合いの友も居ます。
ですが、今私が「真友」とよんでいる友は、まだ知り合って2年くらいです。
その友が、親友ではなく「真友」と言ってくれました。

心の奥の話ができるのです。
息子のことを、これまでの誰よりも、あたかも昔から知っていたかのように話してくれます。
私の足りない部分を、彼女はしっかりサポートしてくれます。

この出会いは、『心の財産』だと思っています。

六花さんと知り合えたことも、とても嬉しいです。
60を越しても素敵な出会いがあることを知りました。
(*^_^*)


出会いは宝

  1. 2016/02/05(金) 23:47:45 |
  2. URL |
  3. [ edit ]
龍の絵!
巳年だけど、辰年の色濃いまま♪にはこれ以上ないくらいにピッタリのお寺だったね^^

そうか、「八方にらみの龍」。
何処に立って見ても龍の目と合うように描くというのも、素晴らしい技術だなぁと思いました。
「龍の目」すなわちお大師様の眼だよね!

ずっと「南無大師遍照金剛」...
お四国巡りは高い所苦手な誰かさんにとってはまさに修行の場。
思わずクスッとしてしまいました(笑)

立派な薬師如来像!
高知に入ると、質実剛健というか、派手さはないけど
どっしりと落ち着いた佇まいの札所が多くなったように感じます。
(徳島はどちらかというと、近代的な建物だったり、こじんまりしていたり
土佐の国とは趣きが違っていたような...)
そしてどのお寺も、雄大で広々としていて眼前には海原が見える。

ご主人の素敵なお写真が、そのあたりをよく伝えてくださっているよね!
いつも美しい眺めに見惚れながら、まま♪と一緒にお四国巡りさせてもらってます^^

人が何かを思い、何気なく話したことから立つさざ波も
やがて大きな波となって、誰かを苦しめてしまうかもしれないんだよね。

決して大きな批判ではなくとも軽々しく言うべきではない。
自分の胸に留め置きたいと思うまま♪を知り
ああ、やっぱり素敵な人だと、あらためて感じたのです。
お世辞ではなく本当にねv-353

こちらこそ!
まま♪とのこの(奇跡のような)出会いを
大切な大切な「たからもの」だと感謝しています。

まま♪にはいつも教えられているけれど
私からも伝えられることがあれば、嬉しいな。
今日より明日、今より成長しようと上を向く自分で居たいです。
まま♪はそういう人だものね。
私の目標です!!


管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/02/06(土) 00:59:59 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

桃ちゃんへ

  1. 2016/02/06(土) 22:56:40 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
桃ちゃん、こんばんは。

あら~、私、辰と私と結び付けなかったわ^^
さすが桃ちゃん、細かなところにもよく気が付いてくれるね^^

「龍の目」=お大師さまの眼、そこまで深くよまなかったよ、これまた桃ちゃんさすが!

やっぱりさ、発心の地は心華やぎ、修行の地は現実の厳しさと向き合うから、お寺模様も違うのかしら(笑)

桃ちゃんも一緒に巡ってくれて、こうやってお話しができるからとっても楽しいです!

話したよね。
何の話しだったか書けなかったけれど、桃ちゃんが言ったことに対して、私が偉そうに言ったんだよね。
なのにさ、桃ちゃんはとても気持ちいいくらい、爽やかに「まま♪、えらいね」って言ってくれたよね。
その言葉に、桃ちゃんのほうがえらい、って思ったよ。
普通はさ、「でも・・」とか言う人多いよ。

何をおっしゃいますやら、桃ちゃんに助けられている事の方がどれほど多いか^^
なにせ血の気の多い、そのくせ泣き虫の私。

これからも、ずーーーっと死ぬまで仲良く、喧嘩もするが(笑)、飽きないでやって行こうね。

Thanks!LOVE。

鍵コメさまへ

  1. 2016/02/06(土) 23:13:43 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
鍵コメさま、こんばんは。

お母さまのことを、鍵コメさまはよくお書きになりますね。
お母さまが大好きなんでしょうね^^
きっと、温かなご家庭でお育ちになったのでしょう。

私が書いたことと同じようなことをお聞きになってお育ちになったのですね。
鍵コメさまが、最初にコメントを下さった時、「私の母と重なります」と言って下さいました。
どんなお母さまか知りませんが、なんだかとても嬉しかったのです。

子ども、特に娘は母親に似ますよね。
歳を重ねるごとに似てきますよ^^
反面教師とか、世間ではよく言いますが、やはり似る方が多いような気がしています。

私はね、子育ての正解はないと思っています。
育てたように育つ、と言いますね。
鍵コメさまと話していて、日々を一生懸命に生きていらっしゃることがわかります。
年配ですから、そのくらいは想像できますよ^^

その想いは、きっとお子さんたちに通じていますよ。

(●^o^●)


管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/02/07(日) 00:23:44 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさまへ

  1. 2016/02/07(日) 08:57:48 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
鍵コメさま、おはようございます☆

ご丁寧にありがとうございます。
とっても嬉しかったです^^
嬉しくてあちらの本文で書かせて頂きました。
記事に書きましたように、鍵コメさまに教わりましたよ^^
私もこれから見習わせていただきますね!

これもまた本文で書きましたが、コメントはとっても嬉しいです。
お話ししていて、お人柄がよくわかります。
おしゃべりするようにと心がけていますが、書くことは難しく言葉足らずになったり余計なこと言ったりと・・
ですから、「嬉しかった」と言ってくださると、それ以上にこちらが嬉しのですよ(笑)

これからも遠慮なさらずにいらして下さいね。

こちらこそ、本当にありがとうございました♡

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。