ジージャンと同行二人お四国さん 別格第5番札所     大善寺      (だいぜんじ)

別格第5番札所     大善寺      (だいぜんじ)

1月10日

aIMGP5936.jpg

山門を探してもありませんでした。
これは参拝後石燈の前で、いろいろな感謝の思いで深々と頭を下げているところです。

車を降りると
aIMGP5905.jpg

大きな石があり
aIMGP5904.jpg

このような説明看板がありました。
横着ですがこの説明板をもって、『二つ石大師』の説明に代えさせていただきます。

駐車場から見上げます
aIMGP5906.jpg

上に向かうことはわかるのですが・・
とりあえず階段を見付け
aIMGP5910.jpg

「山門は何処?」と急いでいます。

軽快に
aIMGP5911.jpg

トントントンと、階段を上がります。

山門らしきものがないままに
aIMGP5915.jpg

結構上まで上がって来ました。

あら?
aIMGP5914.jpg

お大師さまをお見掛けし、親しげにご挨拶を始めました。

そして
aIMGP5917.jpg

私は、ついここを素通りしたのですが・・
夫はちゃんと写真に収めていました。

山門でのご挨拶をしないまま、境内に到着してしまいました
aIMGP5920.jpg

お大師さまにご挨拶を済ませましたので、まぁいいかと、手前に見える手水舎で清めました。

本堂の写真はありませんが、小さな古い本堂でした。
「マムシや虫が入るので、網戸を締めて下さい」と注意書きがあります。

本堂の中に入れそうでしたが、鍵がかかっていました。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【弘法大師】   南無大師遍照金剛    (三回唱えます)

そして道路に面した所にある大師堂へ行き、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。
aIMGP5909.jpg

大師堂です

その後道路に出て、モノレール乗り場近くの納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP5990.jpg

参拝の完了です。

もう少しその様子をご覧ください。

階段の途中でご挨拶をしたお大師さまです
aIMGP5932.jpg

太平洋を見渡せる所で、凛々しいお姿のお大師さまは海上の安全を守ってくださっているようです。

そして、本堂のある境内でも
aIMGP5919.jpg

やはり、海上の安全を祈念なさっているお姿でした。

見て頂いたように、このお寺は急な階段が長く、少し危険な所もありました。
そこで
aIMGP5922.jpg

こんな優しいご配慮があるのですよ、「モノレール」です。
ちょうど動き始めるところでした。

帰る間際に夫から、「ねぇ、来て~」と呼ばれました。
行ってみると、「ねぇ、この人お父さんに似ていない?そっくりだけど・・」と言います。
私が素通りした「ぼけ封じ観音菩薩」のお傍でひざまずく男性を指しながら言っています。
aIMGP5927.jpg

私は見るなり興奮して「そっくり!そっくり!」と連発しました。
興奮冷めやらぬ私は、そこを中々離れられません。

見渡す景色も素晴らしく
aIMGP5916.jpg

私にとって、忘れえぬお寺になりました。


 
今日は、父の今年初めての月命日です。
そして、息子が亡くなった日です。
息子の命日は2月28日としてきましたが、本当に亡くなったのは1996年2月8日です。
10年後の2006年に捜査一課の調べで分かりました。

1996年2月8日10:00am、息子から電話がありました。
約一時間、息子と話しました。
予定されていたコマーシャルがドタキャンされたこと、しかし「これまでと同じように、いやもっと頑張るよ」と私に熱く語った息子の声。
未だに一言一句憶えています。

その後息子は友人の家を出て自宅マンションに戻り、考えられないような高濃度の一酸化炭素中毒で死亡しました。
最後に話したのは、母親である私です。
自分があと数時間で死亡するなんて、そんな馬鹿なことがあるなんて、想像だにしないで・・
20年前に戻って、息子に「帰らないで!!」と言いたいです、この20年の間に何万回そう言ったことでしょう。。


ほんとは今日、こんな話をする予定ではありませんでした。
父のことです。
父は昨年の3月8日0:02amに亡くなりました。
まるで、孫の月命日を待つような最期でした。

その父のことを思って、この巡礼の初日に涙しました。
横顔なんてまるで父です
aa写真 2016-01-10 13 30 41

とっても穏やかな顔の父なんです。
私は
aIMGP5931.jpg

話しかけています。
幾度もいくども
aIMGP5928.jpg

手を振りますが、なかなか離れられません。

父が亡くなって初めての2月8日です。
息子の命日のことでは、お寺のお上人さまに色々訴えましたが、「人の魂というのは、亡くなる前から抜けているものです。最初に決めた28日にしておきましょう」と言われ、そのまま20年経ちました。
しかし、母の気持ちとしては息子には、2日命日があるという・・なんともやりきれない悔しい気持ちが拭えません。


  1. 別格5番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]


comment

マモエちゃんと呼んで

  1. 2016/02/09(火) 11:31:47 |
  2. URL |
  3. 六花
  4. [ edit ]
心ざわつくとき 一呼吸おける名前呼び。喧嘩のスタートに
ワンクッション置ける言葉に名前のちゃん・・閃いたのですね。
マモエという名前は。。カタカナなのでしょうか?
どなたが選ばれて名付けられたのでしょう?

六花さんへ

  1. 2016/02/09(火) 22:06:12 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
六花さん、こんばんは~

六花さんご夫妻は、どんな呼び方をなさいますか?
(*^_^*)


これほど、呼び方で変わるとは思ってもみませんでした(笑)
ちゃん付け、最高です!

マモエはカタカナです。
実は、犬たちの頭文字を合わせただけなんです(^_^;)
マツの「マ」・momoの」「モ」・ellieの「エ」です。
お恥ずかしいほど単純です(*´∀`*)

六花さんのお名前の由来は何でしょう~
ブログを探せば、わかるかな??



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.