ジージャンと同行二人お四国さん 第39番札所    赤亀山 延光寺 (しゃっきざん えんこうじ)

第39番札所    赤亀山 延光寺 (しゃっきざん えんこうじ)

7月17日

aaIMGP2532.jpg

歴史を感じるどっしりとした仁王門です。

いよいよ「修行の道場」最後のお寺です。
金剛福寺から50分ほど山間を走ると閑寂な延光寺が見えてきます。

aaIMGP2525.jpg

左の方に向かいます。

駐車場から山門までは、夏にも関わらず全く暑さを感じませんでした。

aaIMGP2531.jpg


仁王門をくぐると右手に
aaIMGP2534.jpg

大きな亀が出迎えてくれます。
これは、山号赤亀山(しゃっきざん)の由来になったと言われている竜宮から来た亀です。
背中に銅の梵鐘を背負っています。


境内右奥に本堂があります。

aaIMGP2536.jpg

樹木に覆われた閑静な佇まいの本堂です。
その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【薬師如来】  おん ころころ せんだり まとうぎ そわか (三回唱えます)

そして、左隣にある大師堂に行きます。

aaIMGP2537.jpg

そこで、ご本尊真言は唱えないで、あとは同じように参拝します。


その後、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP7366.jpg


参拝の完了です。


境内を少しご紹介します。

aaIMGP2533.jpg

なんとも言えない愛らしいお大師さまのお像です。
修行をなさっているまだ若いお大師さまのように見受けました。

aaIMGP2539.jpg

眼洗い井戸の矢印を見つけました。
この時私は涙目で困っており、早速向かいました。

aaIMGP2541.jpg

もっと内部を写してほしかったですね・・

aaIMGP2542.jpg

このようなことが記してあります。
この井戸は、弘法大師が水不足に困っていた住人のために、加持して湧き出たものだと伝えられています。
私も瞼を濡らしてみました。

これで修行の地最後のお寺、延光寺のご紹介を終わります。
ひどい忘れように申し訳ないですが、どうかご勘弁を。。

次は、いよいよ伊予国「菩薩の道場」へと進んでいきます!

 
aaIMGP2526.jpg

雨の予報が見事に外れ、入道雲も活発な夏空になりました。
息子が後押ししてくれているようで気持ちが弾みます!
修行の地を後にして、なお一層の修行をしなければと思いました。
菩薩の道場では、どんな出会いや気づきがあるのかと、耳を澄ませてお参りしたいと思います。


  1. 39番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]


comment

『水』

  1. 2016/12/05(月) 17:03:50 |
  2. URL |
  3. 桃。
  4. [ edit ]
こちらにも少し(^_^)

銅の梵鐘を背負っているコチラの亀さんは
金剛福寺の亀さんよりも、色のせいかちょっぴり威厳があるね。
お地蔵さんみたいな赤い涎掛けは可愛いけどね^^

ほんとだ~
私もいろんな場所でお大師さま像を見る機会があったけど
四国の地でのお大師さまは若くて、どことなく幼くて
なんともいえず愛らしく感じます。
この地が修行の場所だったことを知らせてくださってるよね。

前のコメントに『空と海』のことを書きましたが
ままのお四国巡礼を読ませていただいてもう一つ浮かぶのは
『水』です。

「水」...も
いっぱい出てくるでしょっ!
水って、人間にとっては「空気」と共にもっとも必要なものだから
この地にさまざまな形の「水」が在ることにもお大師さまの力を感じて惹かれます。

今回の延光寺にもそれがあるね。
「眼洗い井戸」
(もっと内部を写してほしかったですね・・と文句言ってる誰かさん...笑える(*゚∀゚)っ)

ふむふむ「宝医水」と名付けられた水、いかにも効き目がありそう。
ただの湧き水ではなく、お大師さまのこころが入った霊水なんだろうなと...。
こういう場所に行くと自然に両の手合わさるよね。

次からは「いよいよ伊予国」(←はい、シャレてるネ!)

“ジージャンの彼”の後押しを受けて
「菩薩の道場」ではどんな出会いや気づきが待っているのか、私も楽しみにしてるからね(*'-'*)

桃。

お待たせでした^^

  1. 2016/12/10(土) 11:22:25 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
桃。ちゃん、おはよう^^
私もね、書いていて続けて亀さんだと思いました。
それくらい忘れています。

お大師さまの印象も、ブログを書きながら思いましたが、すっかり忘れていました。

そうそう、お水や井戸の話はよく出てきますね。
そしてお大師さまがご祈祷なさり、霊水に変わる霊験あらたかなお水の話です。
地面を一突きなさった伝説も。

眼洗い井戸の前でボーッと立っている私を見られてもね、面白くもなんともないでしょ(笑)
お地蔵さまが安置されていたと思いますよ。
桃。ちゃんのこの一文、おかしくて笑っちゃった。
はい! 夫に写真係をしてもらっているのに感謝が足りません、反省です(^_^;)

「宝医水」よく読んでくれました!
桃。ちゃんと一緒に廻ったら、もっと細かなところも見るような気がします。
行こ!(*^_^*)

いよいよ伊予国、ふふふ、駄洒落だね^^;

そうです!
菩薩の道場の始まりです。

さてさて、今日四国に向けて出発します。
頑張ってくるね!

桃。ちゃんと一緒に行っているつもりで細やかな観察をしてきます^^
ではでは(^_^)/~

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.