ジージャンと同行二人お四国さん 第50番札所  東山 繁多寺  (ひがしやま はんたじ)

第50番札所  東山 繁多寺  (ひがしやま はんたじ)

5月1日

aIMGP2692.jpg

aIMGP2693.jpg

シンプルで垢抜けた山門です。


aIMGP2694.jpg

寺名の石柱ですが、この裏側に10000人のお接待を成就した記念碑でもあります。

山門を抜けると
aIMGP2697.jpg

広々とした境内が広がります。

前方に見える石段を上がると
aIMGP2703.jpg

周囲を森に囲まれ威風堂々とした本堂があります。

孝謙天皇の勅願により、行基菩薩が90cmの薬師如来像を彫造し安置して開基しました。
そして寺号を「光明寺」とされました。
その後、弘法大師がこの地を巡錫し、寺に逗留され寺号を「東山・繁多寺」と改め、霊場とされました。

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか (三回唱えます)

そして向かって右にある大師堂に行きます。

aIMGP2704.jpg

大師堂も緑の木々に囲まれています。

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

このあと、納経所に行き御朱印と御影を頂きます。

IMGP3292.jpg


参拝の完了です。

境内を少しご紹介いたします。

aIMGP2707.jpg

お大師さまのお像です


こちらにも

aIMGP2705.jpg

南無興教大師


天皇家の菩提寺である京都・泉涌寺とのゆかりも深く、後小松天皇の勅命により泉涌寺26世・快翁和尚が、繁多寺の第7世住職となっています。
江戸時代には徳川家の帰依をうけ、四代将軍・家綱が念持仏としていた3体のうちの歓喜天を祀り、寺運は36坊と末寺100数余を有するほど隆盛を極めました。

aIMGP2709.jpg

この広大な寺域に、当時の隆盛が想像できます。


この繁多寺は、一遍上人ゆかりのお寺でもあります。
一遍上人は伊予の名門河野家の次男として道後で生まれ、13歳で出家されます。
繁多寺で修行されたのは、14歳から太宰府で修行をして、そのあと帰郷された頃ではないかと言われています。
25歳で伊予に帰り、その後また全国を遊行して念仏三昧の生涯を送られます。

『生ぜじもひとりなり 死するも独りなり』 一遍上人

 
今朝、亡くなった息子の夢を見ました。
私は泣きながら、息子の父親に「お願い、○○○を助けて!私の寿命が短くなってもいいから!」と訴えていました。
息子は夢の中で、余命幾ばくもない病を宣告されたのです。
夢の中でも命を落とすのです。

息子は必死に堪えていました。
私は息子の命が短いことの恐怖を感じていました。
夢の中で、告知を受けたあと一晩寝て、朝を迎えた息子の気持ちを想像して苦しみました。
きっと、「これが夢だったら」と、そう思ったに違いない息子を狂おしいほど抱きしめていました。

少し涙ぐんでいる息子の顔。
今はもう、その顔は引き潮が引くように遠ざかって行きました。
そして、その時の私のどうしようもない苦しさも遠ざかっていきました。
ですが、病気で亡くなる子供を抱えたお母様の気持ちを一瞬経験したと思いました。

先日、外付けのガス給湯器を見たときに、私は夫に「こうして外についていたら、○○○は死ななかった」と言いました。
そして「もし○○○が生きていたら、あなたと結婚することはなかったね」とも付け加えました。
すると夫が「でもね、人の運命は決まっているらしく、回り回ってやっぱり今の状態になるらしいよ」と珍しく反論?しました。
そして今日の夢です。

死に方は選べませんが、一酸化炭素中毒というのは夢心地の中で亡くなると教えていただきました。
それがいいなんて、決して言えないし言わないですが
もう亡くなって生きた状態には戻して貰えないわけですから
苦しい思いをしなくて、、、済んだね....

なんだか、難しいことを書いていますね。
何が言いたいのかわからなくなってきました。
ですが、誰しも
『生ぜじもひとりなり 死するも独りなり』

中途半端に終わります。

  1. 50番札所
  2. / comment:4
  3. [ edit ]


comment

  1. 2017/05/17(水) 22:10:47 |
  2. URL |
  3. sora
  4. [ edit ]
お遍路さんブログ再開うれしいです。
ずいぶん忘れているところが多いのでたのしみです。
新しい土地に移って大変でしょうが楽しんでくださいね。

Re: タイトルなし

  1. 2017/05/17(水) 22:20:42 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
soraさん、こんばんは~^^

お久しぶりです。
私もsoraさんとお話しできるのが楽しみです。

私なんて、つい最近お参りしましたのに、忘れているところ多々あります(-_-;)
それもこれも、今の私の姿だと受け止めます。

はい、あちこち行きますが、意外と順応性があるのかとニヤリとしています(笑)

一人は強さの象徴です。

  1. 2017/05/18(木) 11:02:36 |
  2. URL |
  3. 遠音
  4. [ edit ]
生ぜしもひとりなり、死するも独(ひとり)なり。
されば人と共に住(じゅう)するも独なり、そひはつべき人なき故なり
とつずきますね。 深い意味を感じこの言葉を幾度となく反芻する時間があります。
ままさん♪の幸せを息子さんは祈っています。
どんな子も母の涙は見たくない!
先の先の運命なんて誰も知らない。やっぱり切に生きるへ
たどり着きます。

Re: 一人は強さの象徴です。

  1. 2017/05/18(木) 16:31:17 |
  2. URL |
  3. まま♪
  4. [ edit ]
遠音さん、こんにちは。

この言葉から、様々な人生観にまで波及していきますね。
深い言葉だと思います。
次回の記事で書こうと思っていました。
遠音さんと、そういうところが似ているのかなと思います。

そうですね、今の私を見て息子はきっと安心していると思います。
ですが、母から「そんなに泣いたら、○っちゃんが悲しむよ」と言われたとき
私はなんだか悲しい気持ちがしました。
泣かせてよ、母の前くらいでは泣かせてよ!、と心の中で叫びました。

母は私の体を思ってのことでしょうが、泣く私を見るのが母も辛いからなのかと、それからは歯を食いしばるようになりました。

切に生きる
遠音さんは、まさに切に生きておられますね。
すごくそう思います。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

カテゴリ

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.