ジージャンと同行二人お四国さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

別格第9番札所  文殊院   (もんじゅいん)

2017年5月1日

IMGP2627.jpg

見事な松の木が門のようです。

境内に入り、一番に目に入るのは大きな弘法大師像です。

IMGP2630.jpg

どのくらいの大きさかと言いますと

IMGP2637.jpg

こんなに大きいのです。
お顔がまだお若いお大師さまです。

本堂に戻ります。

IMGP2631.jpg

大師は当院の文殊菩薩に導かれ逗留なさいます。
河野衛門三郎は巡錫なさっているお大師さまを邪険にし、その結果8名の愛児を失い自分の罪の深さに気づきます。
衛門三郎は大師に懺悔し謝罪のため遍路に出ます。
これが遍路の始まりで、四国の霊場を8年・21回巡拝して遂に大師と再会できます。

のちに、大師により衛門三郎は伊予の国主に生まれ変わり善政を行います。
その後衛門三郎旧宅へ寺を移し、河野家の菩提所となりました。

IMGP2632.jpg

この本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【地蔵菩薩・文殊菩薩】 おん かかかび さんまえい そわか ・おん あらはしゃのう (三回唱えます)

その後横にある大師堂に行きます。

IMGP2628.jpg


本堂に向かって右横です。

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

その後、納経所に行き御朱印と御影を頂きます。

IMGP3180.jpg


参拝の完了です。


境内の様子です。

IMGP2644.jpg

a.jpg

八十八カ寺が石に刻まれ、衛門三郎が巡礼に出発する様子も石に描かれています。

IMGP2638.jpg

その衛門三郎と妻です。

IMGP2636.jpg


七福神の石画もあります。


IMGP2633.jpg

夫の十二支守護本尊「不動明王の像」です。

前回はこの別格9番札所を通り越してしまっていました。
ですから、今回はまず行きました。

その後、八十八ヶ所第49番札所に向います。



  1. 別格9番札所
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

第48番札所    清滝山 西林寺  (せいりゅうざん さいりんじ)

12月18日

aaaaaaIMGP8298.jpg

1IMGP8299.jpg

手入れの行き届いた松の木、古くてどっしりとした趣のある仁王門です。

道路より低いところに仁王門があります。
もちろん境内も堂宇も低いところにあり、このことから遍路は罪あるものが地獄へ落ちていく無間地獄に例えたりこの寺を伊予の関所と言ったりしているそうです。

この仁王門をくぐると、正面に本堂が見えます。

1IMGP8304.jpg

本堂の前にも手入れの行き届いた松があります。
聖武天皇の勅願により行基菩薩が伊予に入り堂宇を建立しました。
本尊に十一面観音菩薩像を彫造して安置し、その後弘法大師が四国の霊跡を巡礼した際この寺に逗留なさいます。
ここを大師は四国霊場とし、国家の安泰を祈願する道場とされました。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【十一面観音菩薩】おんまか きゃろにきゃ そわか (三回唱えます)

その後、横にある大師堂に向かいます。

1IMGP8306.jpg

こじんまりとした大師堂です。

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

このあと、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

1IMGP8308.jpg

門をくぐると
1IMGP8311.jpg

手入れの行き届いたお庭が広がっています。

IMGP8394.jpg


参拝の完了です。


境内の様子を少しご覧ください。

1IMGP8315.jpg

西林寺の説明板です。

1IMGP8302.jpg

正岡子規の句碑です。
「秋風や高井のていれぎ三津の鯛」
「ていれぎ」は刺し身のツマに使われる水草で、このあたりの清流に自生し、松山市の天然記念物となっています。


近くに「杖の淵公園」があり、園内では「杖の淵」という水が湧き出ています。

IMGP2654.jpg

杖の淵公園の水路です。

IMGP2659.jpg

公園には清水の池があります。

西林寺と最後に杖の淵公園をご紹介して、48番札所の記事を終わります。



  1. 48番札所
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

第47番札所   熊野山 八坂寺  (くまのざん やさかじ)

12月18日

aaaaaIMGP8274.jpg

橋の山門です。
ここでも金剛杖はつきません。

八坂寺は、浄瑠璃寺から1km位のところにあります。

橋の山門をくぐると

aaaaaIMGP8276.jpg

こじんまりとした境内には、木々もありますが鬱蒼とした感じはなくスッキリしています。

aaaaaIMGP8277.jpg

階段を上がったらすぐに青い屋根の本堂があります。

aaaaaIMGP8284.jpg

創建にあたって、八つの坂道を切り開いてつくったので、八坂寺という寺号がついたそうです。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【阿弥陀如来】おん あみりた ていぜい からうん (三回唱えます)

その後大師堂に行きます。

aaaaaIMGP8288.jpg

大師堂では、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

そして、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP8393.jpg


参拝の完了です。

境内の様子をご紹介いたします。

aaaaaIMGP8290.jpg

お四国さんの心得のところにも書いた『十善戒』です。
今一度噛み締めて、心に刻むことにします。


aaaaaIMGP8291.jpg

閻魔堂には、「極楽の途」と「地獄の途」があります。
極楽の壁には美しい浄土が、地獄の壁には餓鬼道、畜生道、修羅道などが描かれています。

これで、八坂寺を終わります。
正直に言いますと、冒頭にも12月18日と記しましたように、約5ヶ月前に参りました。
ですから記憶に自信がありません。
続きを読むには、そのときに思ったことなどを書いていますが、それも全く記憶になく今回「続きを読む」はやめます。

  1. 47番札所 八坂寺
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

第46番札所  医王山 浄瑠璃寺  (いおうざん じょうるりじ)

12月18日

aaaaIMGP8244.jpg

寺号を刻んだ大きな石碑の前でご挨拶をします。
山深い岩屋寺から車の往来の多い浄瑠璃寺へと、景色はがらっと変わります。

aaaaIMGP8246.jpg

石碑からすぐに階段があり上ります。

aaaaIMGP8247.jpg

上がりきると

aaaaIMGP8248.jpg

車の往来を忘れるような木々が生い茂っており、その奥には本堂が見えます。

708年に行基上人がこの地を訪れ、薬師如来像・日光、月光の両菩薩像・十二神将像を刻んで安置なさいます。
薬師如来の別名が瑠璃光如来ということから 「浄瑠璃寺」という寺名がついたと言われています。
その後812年に弘法大師が巡錫され、荒廃していた寺を再興なさいました。
そして四国霊場の一寺とされました。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【薬師如来】 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか (三回唱えます)

その後横に並んでいる大師堂へ行きます。

aaaaIMGP8255.jpg

大師堂では、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

そして、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP8392.jpg


参拝の完了です。

境内の様子をご紹介します。

aaaaIMGP8265.jpg

aaaaIMGP8264.jpg

もみの形の中の小さなお大師さまのお姿です。


aaaaIMGP8259.jpg

aaaaIMGP8258.jpg

樹齢1000年を超すイブキビャクシンは松山市天然記念物に指定されています。
弘法大師が加持した霊木として、信仰されているということです。


aaaaIMGP8253.jpg

裸足で上がって、健脚や交通安全をご祈念するとご利益があるそうです。


aaaaIMGP8252.jpg

私も座ってみました。


aaaaIMGP8257.jpg

次の八坂寺を目指して、浄瑠璃寺を後にしました。




  1. 46番札所 浄瑠璃寺
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

第45番札所  海岸山 岩屋寺  (かいがんざん いわやじ)

12月18日

aaaIMGP8138.jpg

シンプルですが、どっしりとした風格のある山門です。

この山門までが長いのですが、ご紹介します。

岩屋寺の駐車場はなく、近隣に300円で停められる所が3件ほどあります。

aaaIMGP8108.jpg

駐車場を出てこの橋を渡り、まるで山登りのような坂道を歩き始めます、予定時間は20分位だということです。

aaaIMGP8123.jpg

歩き始めてすぐに土産物屋さんが軒を連ねています。

aaaIMGP8130.jpg

2cats.jpg


石碑の上で小さいながら迫力のある仁王像が迎えてくれます。

aaaIMGP8134.jpg

まだまだ登ります。

aaaIMGP8136.jpg

歩きお遍路さんの気持ちも、ちょっと味わって。

そしてやっと山門に着きました。

ご挨拶の後山門をくぐると

aaaIMGP8139.jpg

あらら、今度は長い階段が待っているようです。

aaaIMGP8141.jpg

弘法大師がこの地でお詠みになったのだと思うと、遠く時空を超えた親しみを感じました。

aaaIMGP8146.jpg

一遍上人はこの岩屋寺の「せり割禅定」で修行をなさいました。
(せりわり禅定は後にご説明します)

aaaIMGP8147.jpg

まだまだ先は長いようです。

aaaIMGP8148.jpg

長い階段の一角にお大師さまのお像があります。
ありがたいことに、お大師さまが迎えてくださっているようでした。

aaaIMGP8149.jpg

ご本尊である不動明王の銅像が見えます。

aaaIMGP8161.jpg

両脇ののぼり旗が延々と続きます。

aaaIMGP8163.jpg

何体ものお地蔵さまに圧倒されます。

aIMGP8177_stitch.jpg

迫力のある大岩が、眼前に迫ってくるようです。

aIMGP8170_stitch.jpg

こちらにも幾千のお地蔵さまが安置されています。

aaaIMGP8183.jpg

やっと階段を登りきりました。
上がった階段の数は266段です。

aaaIMGP8186.jpg

手水鉢も岩にはめ込まれているようで、清水は山から流れ出ています。

aaaIMGP8189.jpg

やっと本堂に辿り着くようです。

aaaIMGP8190.jpg

大岩と一体化しているような本堂です。

aaaIMGP8195.jpg

すごい光景でしょう~

本堂のお話を少ししますね。
815年弘法大師がこの地を巡錫なさいます。
そのころ法華仙人と称する神通力を持った女人が住んでいました。
その仙人は、大師の修法に深く帰依し、全山を献上します。
そして大師は木造と石造の不動明王像を刻み、木像は本尊として本堂に安置し、石像は奥の院の秘仏として岩窟に祀り、山全体をご本尊の不動明王とされました。

その本堂で、灯明・線香・納め札・お賽銭を納め、お経を上げます。
ご本尊真言は【不動明王】 のうまくさんまんだ ばざらだんせんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん (三回唱えます)

そして本堂よりも大きな大師堂に向かいます。

aaaIMGP8206.jpg

1898年に全山を消失したために、大正9年に本堂よりも一回り大きな大師堂が再建されました。
本堂よりも大きなことは確かですが、本堂は巨岩も含めて本堂とされているために建物の大きさは重視されていないようです。

その大師堂で、ご本尊真言は唱えないで、あとは本堂と同じように参拝します。

その後、納経所に行き御朱印とお御影を頂きます。

IMGP8391.jpg


参拝の完了です。


境内をご紹介します。

岩屋寺は、凝灰岩(ぎょうかいがん)が一種独特な景観を作り出していることから国の名勝にも指定されています。

aaaIMGP8135.jpg


岩屋寺は八十八ヶ所の霊場の中で、最も難所だと言われています。
一遍上人も修行をなさった「せり割禅定」というのは、岩山が真っ二つに裂け、一人がやっと通れるような裂け目を綱を伝いながらしばらく登り、次に鎖を伝いながら、さらに上の岩場へ登るような過酷な修行です。

aaaIMGP8204.jpg

aaaIMGP8205.jpg

以前はここへのお参りができたようですが、現在は危険な状態のために禁止されています。

aaaIMGP8202.jpg

岩山に張り付いているような建物は納経所です。
それと左横の垂れ幕のある入口は、穴禅定といい本堂の真下に20m位の洞窟があります。
そこには、かなえる不動・地蔵尊(先祖供養)・弘法大師の石像が最奥に祀られており、地蔵尊の下から水が湧き出ています。

aaaIMGP8212.jpg

夫と私も入ってお参りをしました。

aaaIMGP8213.jpg


そして帰りは、階段横の絶壁が怖くてへっぴり腰になっている情けない私です。

aaaIMGP8227.jpg


長い長い岩屋寺のご紹介を終わります。





  1. 45番札所 岩屋寺
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

« NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »

プロフィール

まま♪

Author:まま♪
息子を亡くして20年、いつか四国八十八箇所霊場巡りをしたいと思ってきました。
そのために体を鍛えたり、金銭的にも無理や負担のないように計画できないものかと色々考えて来ました。
やっとその目処もつき、初めの第一歩を踏み出しました。
六十路のゆるい修行の旅になりそうです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。